TOP > 研究報告検索 > 高度メディア社会のための協調的学習支援システム

高度メディア社会のための協調的学習支援システム

研究報告コード R000000217
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 三宅 なほみ
研究者所属機関
  • 中京大学情報科学部認知科学科
研究機関
  • 中京大学情報科学部認知科学科
報告名称 高度メディア社会のための協調的学習支援システム
報告概要 認知科学の学びの理論に基づき情報メディア技術を駆使して,旧来の学校に代わる革新的な学びの仕組みの創成をを目指す。学ぶべきコンテンツと,インターネットやマルチメディアを利用して形成された学習支援環境と,それらを活かすためのカリキュラムを組み合わせて,新しい協調的な学びの場を提供する。具体的には認知科学や高校レベルの数学,物理などの科目を学びの対象とする。
研究分野
  • 数学一般
  • 物理教育
  • 計算機網
  • 人工知能
  • CAI
関連発表論文 (1)三宅なほみ,2000,「学び」の支援をデザインする,20-21世紀DESIGNINDEX(INAX出版)柏木博他4名編,298-310
(2)三宅なほみ,2000,建設的相互作用を引き起こすために,植田一博,岡田猛(編)協同の知を探る:創造的コラボレーションの認知科学共立出版,東京,40-45
(3)Miyake,N., 2001, Collaboration, Technology and the Science of Learning: Teaching Cognitive Science to Undergraduates, 教育心理学年報, 40 218-228
(4)Miyake,N., 2001, Supporting collaborative reflection for knowledge integration: Computer support for building a collaborative learning community in undergraduate cognitive science courses, ICCE'O1, Soel, Korea, November, 13-16.
(5)Miyake,N., 2001, Externalized Cognitive Processes for Collaborative Knowledge Construction, The 3rd International Conference of Cognitive Science, Beijing, China, August 27-31.
(6)三宅なほみ,2001,革命から協調的文化の共創へ,教育システム情報学会、8月10-11日、大阪大学
(7)三宅なほみ,2000,賢さを作る:協調による共創,日本認知科学会、6月、静岡芸術大宅
(8)三宅なほみ,2000,協調から共創へ,インタラクティブエデュケーション,2000,8月、早稲田国際会議場
(9)三宅なほみ,構造的統合化:複数の話をまとめるスキルの獲得支援に向けて,日本認知科学会第18回大会発表論文集、236-237.
(10)三宅なほみ,2001,学びの科学の現在(自主シンポジウム企画・発表),日本教育心理学会第43回総会発表論文集
(11)Miyake,N., Masukawa,H., Nakayama,H., Shirouzu,H., and Yuasa,K., 2000, Construction of collaborative learning culture in college-level cognitive science classrooms, International Workshop on New Technologies for Collaborative Learning, 119-126.
(12)Miyake,N., Masukawa,H. and Shirouzu,H., 2001, The complex jigsaw as an enhancer of collaborative knowledge building in undergraduate introductory cognitive science courses, European Perspectives on Computer-Supported Collaborative Learning, 454-461
(13)Miyake,N., Masukawa,H. and Nakayama,H., 2000, Annotations for reflection in college classes, American Educational Research Association.
(14)Miyake,N. and Masukawa,H., 2000, Relation-making to sense-making: Supporting college students' constructive understanding with an enriched collaborative note-sharing system, International Conference of the Learning Sciences 2000, 41-47
(15)三宅なほみ,2000,学習・教育研究の学際的とりくみと教育心理学の役割:認知科学の立場から,日本教育心理学会第42回総会発表論文集,s22-s23
(16)Miyake,N., 2000, Seeking an ideal learning environment, Symposium 1,FLEAT IV The Fourth Conference on Foreign Language Education and Technology
(17)三宅なほみ,2001,認知科学的視点からのシステム利用評価,教育システム情報学会
(18)三宅なほみ,2000,「学びの科学」へ向けて,「季刊インターコミュニケーション』第31巻(NTT出版),106-111
(19)三宅なほみ,2000,創造力・知力の次代への継承,平成12年度科学技術庁委託調査報告書「資源の総合利用方策の推進に関する調査・・ソフト資源の重点的確保に関する調査・・」社団法人資源協会,22-32
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「高度メディア社会の生活情報技術」研究代表者 三宅 なほみ(中京大学情報科学部)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 三宅 なほみ. 高度メディア社会のための協調的学習支援システム. 戦略的基礎研究推進事業 平成11年度 研究年報.科学技術振興事業団, 2000. p.610 - 610.

PAGE TOP