TOP > 研究報告検索 > 複合体形成に基づく膜タンパク質の機能制御

複合体形成に基づく膜タンパク質の機能制御

研究報告コード R000000231
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 橘 和夫
研究者所属機関
  • 東京大学大学院理学系研究科
研究機関
  • 東京大学大学院理学系研究科
報告名称 複合体形成に基づく膜タンパク質の機能制御
報告概要 本研究は,本来短寿命である膜タンパク質の活性化状態に,これに強い親和性を示すことで脱感作を受けない天然毒などの外因性分子を用いて寿命を伸ばした状態での立体構造情報を取得解析し,これを静止状態での構造と比較することで膜タンパク質の活性化に関する構造的根拠を解明することを目的とする。特に,タンパク質の膜貫通部位に結合してこれを活性化すると想定されるシガトキシンなどの梯子状ポリ環状エーテル系海産毒をプローブ分子として,これらが結合する膜タンパク質との複合体に関する構造解析を目的に,次の研究を実施した。
1)電位依存性ナトリウムチャネル再構成を用いる結合試験,
2)マイトトキシンの標的膜タンパク質の光親和性標識,
3)質量分析を用いた光親和性標識タンパク質の配列解析,
4)シガトキシンおよび関連ポリエーテル系天然物の全合成研究,5)新規梯子状ポリ環状エーテル天然物の構造決定,
5)脂質二重膜に結合した分子のNMR解析。
研究分野
  • 有機化合物のNMR
  • 動植物,微生物のその他の産生物質
  • 分子構造
  • 生体膜一般
  • 微生物起原の毒性
関連発表論文 (1)Masayuki Inoue, Makoto Sasaki and Kazuo Tachibana “A Convergent Synthesis of the trans-Fused Hexahydrooxonine Ring System and Reproduction of Conformational Behavior Shown by Ring F of Ciguatoxin” Tetrahedron, 55: (36) 10949-10970 (1999).
(2)Makoto Sasaki, Masayuki Inoue, Kuniyuki Takamatsu and Kazuo Tachibana “Stereocontrolled Synthesis of the JKLM Ring Fragment of Ciguatoxin” The Journal of Organic Chemistry, 64: (26) 9399-9415 (1999).
(3)Masayuki Inoue, Makoto Sasaki, and Kazuo Tachibana “A Convergent Synthesis of Decacyclic Ciguatoxin Model Containing the F-M Ring Framework” The Journal of Organic Chemistry, 64: (26) 9416-9429 (1999).
(4)Makoto Sasaki, Haruhiko Fuwa, Makoto Ishikawa, and Kazuo Tachibana “A General Method for Convergent Synthesis of Polycyclic Ethers Based on Suzuki Cross-Coupling; Concise Synthesis of the ABCD Ring System of Ciguatoxin” Organic Letters, 1: (7) 1075-1077 (1999).
(5)Keiichi Konoki, Masaki Hashimoto, Michio Murata, and Kazuo Tachibana “Maitotoxin-induced Calcium Influx in Erythrocyte Ghosts and Rat Glioma C6 Cells, and Blockade by Gangliosides and Other Membrane Lipids. “Chemical Research in Toxicology, 12: (10) 12993-1001 (1999).
(6)Makoto Sasaki, Katsuhiko Noguchi, Haruhiko Fuwa, and Kazuo Tachibana “Convergent Synthesis of an HIJK Ring Model of Ciguatoxin via Suzuki Cross-coupling Reaction” Tetrahedron Letters, 41: (9) 1425-1428 (2000).
(7)Yoshimasa Kobayashi and Kazuo Tachibana “NMR Observation on Transbilayer Distribution of N-[13C]methylated Chlorpromazine in Asymmetric Lipid Bilayer of Unilammellar Vesicles” Chemistry Letters, 4 302-303 (2000).
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「分子複合系の構築と機能」研究代表者 橘 和夫(東京大学大学院理学系研究科)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 橘 和夫. 電子・光子等の機能制御 複合体形成に基づく膜タンパク質の機能制御. 戦略的基礎研究推進事業 平成11年度 研究年報.科学技術振興事業団, 2000. p.689 - 693.

PAGE TOP