TOP > 研究報告検索 > 無機ナノ結晶・高分子系の自己組織化と生体組織誘導材料の創出

無機ナノ結晶・高分子系の自己組織化と生体組織誘導材料の創出

研究報告コード R000000236
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 田中 順三
研究者所属機関
  • 独立行政法人 物質・材料研究機構
研究機関
  • 独立行政法人 物質・材料研究機構 物質研究所(旧無機材質研究所)
報告名称 無機ナノ結晶・高分子系の自己組織化と生体組織誘導材料の創出
報告概要 細胞の時系列に従って特異に組織化された有機・無機複合体系細胞外マトリックスを試験管の中でナノ領域から自己組織化的に再構築することを目標としている。アラキジン酸単分子膜を作製し疑似体液中でヒドロキシアパタイトを形成させて電子顕微鏡で観察した(図1)。ヒドロキシアパタイトのナノ結晶が単分子膜上に規則正しく並んで成長した。無機/有機複合体の自己組織化体の構築に関して,複合体はヒドロキシアパタイト/蛋白質およびヒドロキシアパタイト/多糖類の二系列について検討した。蛋白質としてはI型コラーゲンを取り上げ,多糖類としてはコンドロイチン硫酸,ヒアルロン酸,キチン,キトサンに着目した。I型コラーゲン/ヒドロキシアパタイトの複合体につては300μmの自己組織化構造の構築に成功した。動物実験により,複合体の周辺に骨芽細胞と破骨細胞が誘導され,自家骨と同じ代謝を受けて新生骨に変わることを実証した。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R000000236_01SUM.gif
研究分野
  • 細胞生理一般
  • 生体代行装置
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「分子複合系の構築と機能」研究代表者 田中 順三(物質・材料研究機構 物質研究所)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 田中 順三. 電子・光子等の機能制御 無機ナノ結晶・高分子系の自己組織化と生体組織誘導材料の創出. 戦略的基礎研究推進事業 平成11年度 研究年報.科学技術振興事業団, 2000. p.712 - 714.

PAGE TOP