TOP > 研究報告検索 > 自己生成する高分子ナノ秩序体 高次構造制御と機能発現

自己生成する高分子ナノ秩序体 高次構造制御と機能発現

研究報告コード R000000238
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 吉川 研一
研究者所属機関
  • 京都大学大学院理学研究科
研究機関
  • 京都大学大学院理学研究科
報告名称 自己生成する高分子ナノ秩序体 高次構造制御と機能発現
報告概要 DNA分子の高次構造のスイッチングとそれによる秩序構造の生成の研究を他の天然・合成高分子系に応用して単一分子鎖によるナノ秩序体の自己生成といった分野を新たに切り開くことを目的とする。具体的にはDNAや蛋白質のような機能性生体高分子や精密合成した人工高分子について人為的・合目的的に高次構造を制御し,新しいナノ秩序体を作り出す方法論の確立,さらに新たな機能発現を指向した高次構造の創出へと展開させる。平成11年度はDNA単分子鎖の折畳み相転移の熱力学,および,巨大DNA単分子の共同転移と相転移,などの研究で成果を得た。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R000000238_01SUM.gif R000000238_02SUM.gif
研究分野
  • 高分子固体の物性一般
  • 高分子の立体構造
  • 核酸一般
関連発表論文 (1)眞山博幸、岩滝敏男、吉川研一“Thermodynamics in the Folding phase-transition of single T4DNA molecules in poly(ethylene glycol) solution”・Chemical Physics Letters (9 December 1999)
(2)S.V.Mikhailenko、吉川研一、他5名“Interplay between Folding/Unfolding and Helix/Coil Transitions in Giant DNA”・Journal of the American Chemical Society (27 December 1999)
(3)眞山博幸、吉川研一“Thermodynamics in Folding Transition of DNA”・MACROMOLECULAR SYMPOSIA (17 January 2000)
(4)岩瀧敏男、吉川研一、木戸秋悟、梅野大輔、木地正美、前田瑞夫“Cooperativity vs.Phase Transition in a Giant Single DNA Molecule”・Journal of the American Chemical Society (21 January 2000)
(5)野口博司、吉川研一“Folding path in a Semiflexible homopolymer chain:A brownian dynamics simulation”・Journal of Chemical Physics (21 February 2000)
(6)吉川研一、吉川祐子、野村慎一郎“Controlling the folding/imfolding transition of DNA-histone H1 comples by direct optical manipulation”The Journal of the American Chemical Society (18 March 2000)
(7)吉川研一、吉川祐子、神戸俊夫“In Vitro Packing of Mammalian DNA Induced by Spermidine”・The Journal of Physical Chemistry B (28 March 2000)
(8)吉川研一(京都大学大学院理学研究科)、秋田谷龍男(CREST)“非線形非平衡系としての生命”「数理科学 Vol.441 MARCH 2000」
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「分子複合系の構築と機能」研究代表者 吉川 研一(京都大学大学院理学研究科)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 吉川 研一. 電子・光子等の機能制御 自己生成する高分子ナノ秩序体 高次構造制御と機能発現. 戦略的基礎研究推進事業 平成11年度 研究年報.科学技術振興事業団, 2000. p.720 - 724.

PAGE TOP