TOP > 研究報告検索 > 大腸菌におけるゲノム機能の体系的解析

大腸菌におけるゲノム機能の体系的解析

研究報告コード R000000243
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 森 浩禎
研究者所属機関
  • 奈良先端科学技術大学院大学・遺伝子教育研究センター
研究機関
  • 奈良先端科学技術大学院大学遺伝子教育研究センター
報告名称 大腸菌におけるゲノム機能の体系的解析
報告概要 研究開発は材料,情報解析,データベース,網羅的機能解析の4つに分けて進めているが,本年度は以下の材料開発に特に集中して行った。
1)全遺伝子のクローン化とDNAマイクロアレーの作成,
2)トランスポゾンを用いた網羅的破壊株の作成,
3)非必須領域の欠失株作成,
4)質量分析計を用いた網羅的蛋白質インデックスの作成。
研究分野
  • 遺伝子の構造と化学
  • 微生物感染の生理と病原性
  • 分化,増殖,成長,生殖
関連発表論文 (1)Itoh T., Okayama T., Hashimoto H., Takeda J., Davis RW., Mori H. and Gojobori T. A low rate of nucleotide changes in Escherichia coli K-12 estimated from a comparison of the genome sequences between two different substrains, FEBS Letters 450, 1-2, 72-76, 1999
(2)Itoh T., Takemoto K., Mori H. and Gojobori T. Evolutionary instability of operon structures disclosed by sequence comparisons of complete microbial genomes, Mol Biol vol.16, No.3,332-346, 1999
(3)Itoh T., Matsuda H. and Mori H. Phylogenetic analysis of the third hsp70 homolog in Escherichia coli; a novel member of the Hsc66 subfamily and its possible co-chaperone. DNA Research 6, No.5, 299-305, 1999
(4)Abe T., Kanaya S., Kinouchi M., Kudo Y., Mori H. and Matsuda H., C.D. Carpio, T. Ikemura, Gene classification method based on batch-learning SOM, Genome Informatics Series No.10, 314-315, 1999
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「ゲノムの構造と機能」研究代表者 森 浩禎(奈良先端科学技術大学院大学・遺伝子教育研究センター)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 森 浩禎. ゲノム構造と機能 大腸菌におけるゲノム機能の体系的解析. 戦略的基礎研究推進事業 平成11年度 研究年報.科学技術振興事業団, 2000. p.753 - 760.

PAGE TOP