TOP > 研究報告検索 > ゲノム情報維持の分子メカニズム

ゲノム情報維持の分子メカニズム

研究報告コード R000000245
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 花岡 文雄
研究者所属機関
  • 理化学研究所
研究機関
  • 理化学研究所
報告名称 ゲノム情報維持の分子メカニズム
報告概要 遺伝子修復機構を解明し,ゲノム情報を安定に保持するための分子機構を明らかにすることを目標に,以下の研究を行った。
1)ほ乳類細胞におけるDNA損傷の認識と修復の分子機構:XPC-hHR23B複合体と「ゲノム全体の修復](GGR)との関連について検討した。基本転写因子の一つであるTFIIHを効率よくDNA上に導入するためにはXPC-hHR23B複合体とDNA損傷の両者が必要である。
2)ほ乳類細胞のTCR反応の分子機構:「転写と共役したDNA修復」(TCR)におけるXAB2蛋白質の役割について検討した。
3)ほ乳類細胞における損傷乗り越え複製の分子機構:バリアント群XPの責任遺伝子産物であるpolηがシクロブタン型ピリミジンダイマー(CPD)以外の損傷にも対応することが判明した。
研究分野
  • 分子遺伝学一般
  • 遺伝子発現
関連発表論文 (1)Mizuno, T., Yamagishi, K., Miyazawa, H., and Hanaoka, F.: Molecular architecture of the mouse DNA polymerase α-primase complex. Mol. Cell. Biol., 19, 7886-7896, 1999.
(2)Araki, M., Masutani, C., Maekawa, T., Watanabe, Y., Yamada, A., Kusumoto, R., Sakai, D., Sugasawa, K., Ohkuma, Y., and Hanaoka, F.: Reconstitution of damage DNA excision reaction from SV40 minichromosomes with purified nucleotide excision repair proteins. Mutat. Res. 459: 147-160, 2000.
(3)Okuda, M., Watanabe, Y., Okamura, H., Hanaoka, F., Ohkuma, Y., and Nishimura, Y.: Structure of the central core domain of TFIIEβ with a novel double-stranded DNA-binding surface. EMBO J. 19: 1346-1356, 2000.
(4)Yokoi, M., Masutani, C., Maekawa, T., Sugasawa, K., Ohkuma, Y., and Hanaoka, F.: The xeroderma pigmentosum group C protein complex XPC-HR23B plays an important role in the recruitment of transcription factor IIH to damaged DNA. J. Biol. Chem. 275: 9870-9875, 2000.
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「ゲノムの構造と機能」研究代表者 花岡 文雄(理化学研究所)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 花岡 文雄. ゲノム構造と機能 ゲノム情報維持の分子メカニズム. 戦略的基礎研究推進事業 平成11年度 研究年報.科学技術振興事業団, 2000. p.764 - 767.

PAGE TOP