TOP > 研究報告検索 > アルツハイマー病における神経細胞死の解明

アルツハイマー病における神経細胞死の解明

研究報告コード R000000256
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 井原 康夫
研究者所属機関
  • 東京大学大学院医学系研究科
研究機関
  • 東京大学大学院医学系研究科
報告名称 アルツハイマー病における神経細胞死の解明
報告概要 アルツハイマー病の神経病理学的特徴は,老人斑と神経原線維変化(PHF)である。老人斑は,アミロイド線維から成り,主要成分は分子量約4,000のβ蛋白(Aβ)と同定され,PHFの主要成分は微小管結合タンパクの一つであるτと同定されている。二つの病変の時系列は,年齢別ダウン症候群患者の脳の分析から,現在β→τ→神経細胞死という病理カスケードが信じられている。この研究の目的はこのカスケード初期の細胞外のAβ沈着の機序,及びカスケード終わりの細胞内τ沈着と神経細胞死の関係の解明である。このため,主としてヒト剖検脳を用いてβ及びτを蛋白化学的に解析し,その結果に基づき,cultured cell,transgenic miceを用いて検証した。不溶性画分のAβ42の蓄積はApoE4を有すると早期におこり,量も多い。τの役割について,FTDP-17の原因がτ遺伝子の変異であることと関連して推測した。
研究分野
  • 細胞生理一般
  • 老化と死
  • 脳・神経系モデル
  • 老人医学
  • 神経の基礎医学
  • 神経系の疾患
関連発表論文 (1)Enya M, Morishima-Kawashima M, Yoshimura M, Shinkai Y, Kusui K, Khan K, Games D, Schenk D, Sugihara S, Yamaguchi H, Ihara Y: Appearance of sodium dodecyl sulfate-stable amyloid β-protein (Aβ) dimer in the cortex during aging. Am. J. Pathol., 154, 271-279 (1999)
(2)Watanabe A, Takio K, Ihara Y: Deamidation and isoaspartate formation in smeared tau in paired helical filaments-unusual properties of the microtubule-binding domain of tau. J. Biol. Chem., 274, 7368-7378 (1999)
(3)Matsumura N, Yamazaki T, Ihara Y: Stable expression in Chinese hamster ovary cells of mutated tau genes causing frontotemporal dementia and parkinsonism linked to chromosome 17(FTDP-17). Am. J. Pathol., 154, 1649-1656 (1999)
(4)Funato H, Enya M, Yoshimura M, Morishima-Kawashima M, Ihara Y: The presence of sodium dodecyl sulfate-stable amyloid β-protein dimers in the hippocampus CA1 not exhibiting neurofibrillary tangle formation. Am. J. Pathol., 155, 23-28 (1999)
(5)Ren J, Utsunomiya I, Taguchi K, Ariga T, Tai T, Ihara Y, Miyatake T: Localization of verotoxin receptors in nervous system. Brain Res., 825, 183-188 (1999)
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「脳を知る」研究代表者 井原 康夫(東京大学大学院医学系研究科)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 井原 康夫. 脳を知る アルツハイマー病における神経細胞死の解明. 戦略的基礎研究推進事業 平成11年度 研究年報.科学技術振興事業団, 2000. p.820 - 824.

PAGE TOP