TOP > 研究報告検索 > 脳形成遺伝子と脳高次機能

脳形成遺伝子と脳高次機能

研究報告コード R000000261
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 三品 昌美
研究者所属機関
  • 東京大学大学院医学系研究科
研究機関
  • 東京大学大学院医学系研究科
報告名称 脳形成遺伝子と脳高次機能
報告概要 記憶・学習の分子機構には神経回路網の形成整備機構が適応されているとの仮説に到達し,ここでは,脳の形成及び神経回路網整備を担う分子と記憶・学習との関係を明らかにすることによりこの仮説を検証した。脳の形成遺伝子探索系として,欠失変異を引き起こすDNA架橋剤4,5,8-trimethylpsoralen(TMP) でゼブラフィッシュの精子を処理すると高頻度に変異を誘発することを見出した。小脳のAMPA型グルタミン酸受容体チャンネルのC末端側細胞質領域にはLynチロシンキナーゼがSH領域を介して相互作用していることを免疫沈降や融合蛋白との結合実験から見出した。更に,小脳培養細胞をAMPAで刺激されると直接Lynチロシンキナーゼを介して下流にシグナルを伝え,BDNF誘導に関わる可能性を示唆した。遺伝子組み換え酵素Creリコンビナーゼを小脳顆粒細胞特異的かつ時期特異的に発現できるトランスジェニックマウスの作成法を確立した。
研究分野
  • 遺伝学研究法
  • 分子遺伝学一般
  • 遺伝子発現
  • 遺伝子操作
  • 中枢神経系
  • 脳・神経系モデル
関連発表論文 (1)Tsujita, M., Mori, H., Watanabe, M., Suzuki, M., Miyazaki, J. and Mishina, M.Cerebellar granule cell-specific and inducible expression of Cre recombinase in the mouse. J. Neurosci., 19, 10318-10323. (1999)
(2)T. Hayashi, H. Umemori, M. Mishina and T. Yamamoto; The AMPA receptor interacts with and signals through the protein tyrosine kinase Lyn. Nature, 397, 72-76(1999)
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「脳を知る」研究代表者 三品 昌美(東京大学大学院医学系研究科)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 三品 昌美. 脳を知る 脳形成遺伝子と脳高次機能. 戦略的基礎研究推進事業 平成11年度 研究年報.科学技術振興事業団, 2000. p.851 - 854.

PAGE TOP