TOP > 研究報告検索 > Gタンパク質共役受容体の高次構造

Gタンパク質共役受容体の高次構造

研究報告コード R000000265
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 芳賀 達也
研究者所属機関
  • 学習院大学理学部付属施設生命分子科学研究所
研究機関
  • 東京大学大学院医学系研究科
報告名称 Gタンパク質共役受容体の高次構造
報告概要 G蛋白質共役受容体の高次構造を明らかにし,それによって受容体の作用機構を知ると同時に,理論的にリガンドを推定し,創薬への道を開くことを主目標としている。またG蛋白質共役受容体の新しいリガンド検索系の構築も目指して以下の成果を得た。バキュロウイルス・Sf9細胞系を用いてムスカリン受容体変異体を1ケ月に約40mg発現させる系を確立した。リン脂質膜中への2次元結晶化及び3次元結晶化条件の検討,特に受容体を安定に保つ界面活性剤の検索を広範囲に行った。数種の結晶様構造物が生成し,X線回折実験を試みたが,回折点が観察されるものはまだ見出されていない。膜蛋白質の結晶化条件については筋小胞体カルシウムATPaseを用いて検討し,2.6Å分解能での三次元構造の決定に成功した。ムスカリン受容体に結合したメタコリンの立体構造をTRNOE(Transfered Nuclear Overhauser Effect)を用いて推定した。更に,新規リガンド検索系も検討した。
研究分野
  • 生物学的機能
  • 分子構造
  • 生物学的機能
  • 細胞生理一般
  • 細胞膜の受容体
  • 微生物の接種・培養法
関連発表論文 (1)Iwata, K., Ito, K., Fukuzaki, A., Inaki, K. and Haga, T. Dynamin and rab5 regulate GRK2-dependent internalization of dopamine D2 receptors. Eur. J. Biochem., 263, 596-602 (1999)
(2)Shibasaki, T., Moroi, K., Nishiyama, M., Zhou, J., Sakamoto, A., Masaki, T., Ito, K., Haga, T. and Kimura, S. Characterization of the carboxyl terminal-truncated endothelin B receptor coexpressed with G protein-coupled receptor kinase 2. Biochem. Mol. Biol. Int., 47, 569-577 (1999)
(3)Okuda, T., Haga, T., Kanai, Y., Endou, H., Ishihara, T., and Katsura, I. Identification and characterization of the high-affinity choline transporter. Nature Neurosci., 3, 120-125 (2000)
(4)Furukawa, H. and Haga, T. Expression of functional M2 muscarinic acetylcholine receptor in Escherichia coli. J. Biochem., 127, 151-161 (2000)
(5)Shiozaki, K., Iseki, E., Uchiyama, H., Watanabe, Y., Haga, T., Kameyama, K., Ikeda, T., Yamamoto, T. and Kosaka, K. Alterations of muscarinic acetylcholine receptor subtypes in diffuse Lewy body disease: relation to Alzheimer's disease. J. Neurol. Neurosurg. Psychiatry, 67, 209-213 (1999)
(6)Kassack, M., Hogger, P., Gschwend, D., Kameyama, K., Haga, T., Graul, R. and Sadee, W. Molecular modeling of G-protein coupled receptor kinase 2: Docking and biochemical evaluation of inhibitor. AAPS Pharmsci, 2(1), article 2 (http://www.phamasci.org) (2000)
(7)Ogawa, H., Haga, T., and Toyoshima, C.: Soluble P-type ATPase from an Archaeon, Methanococcus jannaschii. FEBS Lett., 47, 99-102 (2000)
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「脳を知る」研究代表者 芳賀 達也(東京大学大学院医学系研究科)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 芳賀 達也. 脳を知る Gタンパク質共役受容体の高次構造. 戦略的基礎研究推進事業 平成11年度 研究年報.科学技術振興事業団, 2000. p.867 - 870.

PAGE TOP