TOP > 研究報告検索 > 精神分裂病における神経伝達の異常

精神分裂病における神経伝達の異常

研究報告コード R000000276
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 須原 哲也
研究者所属機関
  • 放射線医学総合研究所重粒子医科学センター
研究機関
  • 文部科学省 放射線医学総合研究所
報告名称 精神分裂病における神経伝達の異常
報告概要 本研究は,個人を特徴付けている人格解体などの症状が見られる精神分裂病の原因の一端を解明する取組である。これ迄の研究で,精神分裂病では脳内の情報伝達を司る数種の化学物質の内,ドーパミンに係わる異常が予想されている。ポジトロンCT(PET)法を用いて,脳内の神経伝達物質受容体の測定を体外から実施した結果,精神分裂病者では前頭葉におけるドーパミンD1受容体の結合強度が低いことや,陰性症状(意欲の低下や無感情など)の強い人ほどその低下が激しいことを発見した。また,陽性症状(幻覚や妄想など)との関係が指摘されていた大脳皮質内のD2受容体に関してはPETを用いて定量を行い,正常値における分布は,側頭葉において最も高いことを明らかにした。昨年度は脳内のD2受容体につき,正常者の場合と精神分裂病者の比較を行い,前部帯状回において分裂病患者群のD2受容体結合が低く,また陽性症状(幻覚,妄想,興奮)と相関のあることを見いだした。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R000000276_01SUM.gif R000000276_02SUM.gif
研究分野
  • 生物学的機能
  • 動物学研究法
  • 中枢神経系
  • 生体計測
  • 精神科の基礎医学
  • 精神障害
関連発表論文 (1)Okubo Y., Olsson H., Ito H., Suhara T., Halldin C., Farde L PET mapping of extrastrialta D2-like dopamine receptors in the human brain using an anatomic standardization technique and [11C]FLB 457. NeuroImage 10(6):666-674, 1999
(2)T. Haradahira, M.-R. Zhang, J. Maeda, T. Okauchi, T. Kida, K. Kawabe, E. Nakatsuyama, K. Suzuki, and T. Suhara Improved Brain Uptake and Cerebellar Accumulation of an Acid Ester of NMDA/Glycine site Antagonist [11C]L-703,717.J. Label. Compd. Radiopharm. 42:S360-362(1999)
(3)M.-R. Zhang, T. Haradahira, J. Maeda, T. Okauchi, K. Kawabe, E. Nakatsuyama, K. Suzuki, and T. Suhara Developments of PET Tracers for Dopamine D4 Receptors: Radiosyntheses of Three Dopamine D4 Antagonists. J. Label. Compd. Radiopharm. 42: S179-181(1999)
(4)Okubo Y., Suhara T., Suzuki K., Kobayashi K., Inoue O., Terasaki O., Someya Y., Sassa T., Sudo Y., Matsushima E., Iyo M., Tateno Y., Toru M. Serotonin 5-HT2 Receptors in Schizophrenic Patients. Life Science 66: 2455-2464, 2000
(5)Ishibashi N., Kuwamura T., Sano H., Yamamoto F., Haradahira T., Suzuki K., Suhara T., Sasaki S., Maeda M. Synthesis and Evaluation of New 18F- and 11C-Labelled 6,11-Ethanobenzo [β]quinolizinium Derivatives for Imaging of the NMDA Receptor at the TCP-Binding Site.J.Labelled Cpd. Radopharm. 43:375-383, 2000
(6) Haradahira T., Zhang M.-R., Maeda J., Okauchi T., Kida T., Kawabe K., Suzuki K., Suhara T. A Prodrug of NMDA/Glycine Site Antagonist, L-703,717, For Improved BBB Permeability: 4-Acetoxy Derivative and Its Positron-Emitter Labeled Analog Chem Pharm Bull 49:147-150, 2001
(7) Ichimiya T., Okubo Y., Suhara T., Sudo Y. Reduced volume of cerebellar vermis in neuroleptic-naive schizophrenia. Biol Psychiatry 49:20-27, 2001
(8) Saijo T., Abe T., Someya Y., Sassa T., Sudo Y., Suhara T., Shuno T., Asai K., Okubo Y.10-year progressive brain structural change in schizophrenia: an MRI morphorogicalstudy. Psychiatry Clin Neurosci 55:41-47, 2001
(9) Maeda J., Suhara T., Ogawa M., Okauchi T., Kawabe K., Zhang M.-R., Suzuki K. In vivo binding of [carbonyl-11C]WAY100635: binding site and effect of endogenous serotoninon. Synapse 40:122-129, 2001
(10) Suhara T., Yasuno F., Sudo Y., Yamamoto M., Inoue M., Okubo Y., Suzuki K. Dopamine D2 receptor in insular cortex and personality trait of
novelty seeking. NeuroImage 13:891-895, 2001
(11) Okauchi T., Suhara T., Maeda J., Kawabe K., Ohbayashi S., Suzuki K., Effect of endogenous dopamine on extrastriatal [11C]FLB 457 binding measured by PET.Synapse 41:87-95, 2001
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「脳を守る」研究代表者 須原 哲也(放射線医学総合研究所)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 須原 哲也. 脳を守る 精神分裂病における神経伝達の異常. 戦略的基礎研究推進事業 平成11年度 研究年報.科学技術振興事業団, 2000. p.912 - 915.

PAGE TOP