TOP > 研究報告検索 > 神経細胞における増殖制御機構の解明

神経細胞における増殖制御機構の解明

研究報告コード R000000279
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 中山 敬一
研究者所属機関
  • 九州大学生体防御医学研究所
研究機関
  • 九州大学生体防御医学研究所
報告名称 神経細胞における増殖制御機構の解明
報告概要 神経細胞は胎児期に一過的に分裂・増殖するが,生後は殆ど増殖せずに100年近い寿命を保つ特殊な細胞で,疾病などで細胞死に至っても殆ど再生することはない。本研究の目的は,神経細胞における増殖制御機能の特殊性の解明で,特に細胞周期を制御する分子群の量的制御機構の解明を主眼とした。この量的制御において最重要と思われるユビキチン依存性蛋白分解機構を中心に基礎レベルでの知見集積を進め,サイクリンEやp27Kiplなど,細胞周期調節に最も大切な分子群の発現領をコントロールする機構を解明した。この機構の中心的分子たるSkp2をクローニングし,更に発生工学的手法を駆使してSkp2遺伝子を人工的に破壊したマウス(Skp2ノックアウトマウス)を製作して評価を進めている。一方,ユビキチン化蛋白質の解析技術を用いて,ポリグルタミン病の原因遺伝子産物が高度のユビキチン化することを試験管内で再現視,関与分子群の同定に成功した。
研究分野
  • 生物学的機能
  • 遺伝学研究法
  • 細胞構成体の機能
  • 動物学研究法
  • 中枢神経系
  • 神経の基礎医学
関連発表論文 (1)Shirane, M., Harumiya, Y., Ishida, N., Hirai, A., Miyamoto, C., Hatakeyama, S., Nakayama, K.-i., Kitagawa, M.: Down-regulation of p27Kip1 by two mechanisms, ubiquitin-mediated degradation and proteolytic processing. J. Biol. Chem., 274: 13886-13893(1999).
(2)Kitagawa, M., Hatakeyama, S., Shirane, M., Matsumoto, M., Ishida, N., Hattori, K., Nakamichi, I., Kikuchi, A., Nakayama, K.-i., Nakayama, K.: An F-box protein, FWD1, mediates ubiquitin-dependent proteolysis of β-catenin. EMBO J., 18: 2401-2410 (1999).
(3)Urase, K., Momoi, T., Fujita, E., Isahara, K., Uchiyama, Y., Tokunaga, A., Nakayama, K.-i., Motoyama, N.: Bcl-xL is a negative regulator of caspase-3 activation in immature neurons during development. Dev. Brain Res., 116: 69-78 (1999).
(4)Watanabe, Y., Watanabe, T., Kitagawa, M., Taya, Y., Nakayama, K.-i., Motoyama, N.: pRb phosphorylation is regulated differentially by cyclin-dependent kinase(Cdk) 2 and Cdk4 in retinoic acid-induced neuronal differentiation of P19 cells. Brain Res., 842: 342-350 (1999).
(5)Shirane, M., Hatakeyama, S., Hattori, K., Nakayama, K., Nakayama, K.-i.: Common pathway for the ubiquitination of IκBα, IκBβ, and IκBε mediated by the F-box protein FWD1. J. Biol. Chem., 274: 28169-28174 (1999).
(6)Hattori, K., Hatakeyama, S., Shirane, M., Matsumoto, M., Nakayama, K.-i.: Molecular dissection of the interactions among IκBα, FWD1, and Skp1 required for ubiquitin-mediated proteolysis of IκBα. J. Biol. Chem., 274: 29641-29647 (1999).
(7)Miura, M., Hatakeyama, S., Hattori, K., Nakayama, K.-i.: Structure and expression of the gene encoding mouse F-Box protein, Fwd2. Genomics, 62: 50-58 (1999).
(8)Takahashi, K., Nakayama, K.-i., Nakayama, K.: Mice lacking a CDK inhibitor, p57Kip2, exhibit skeletal abnormalities and growth retardation. J. Biochem., 127: 73-83 (2000).
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「脳を守る」研究代表者 中山 敬一(九州大学生体防御医学研究所)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 中山 敬一. 脳を守る 神経細胞における増殖制御機構の解明. 戦略的基礎研究推進事業 平成11年度 研究年報.科学技術振興事業団, 2000. p.924 - 927.

PAGE TOP