TOP > 研究報告検索 > 老化脳における神経の可塑性制御の分子基盤

老化脳における神経の可塑性制御の分子基盤

研究報告コード R000000280
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 森 望
研究者所属機関
  • 国立長寿医療研究センター
研究機関
  • 国立長寿医療研究センター
報告名称 老化脳における神経の可塑性制御の分子基盤
報告概要 本報では表題に係わる一連の研究成果を収めた。神経軸索や樹状突起内の物質輸送の中核となる微小管の崩壊因子SCG10の新たな神経特異的ホモログ,RB3,SCLIPを調査し,これらの崩壊活性を確認した。神経可塑性との関連が想定されるRB3につき,そのリン酸化調節領域に特異的に結合する新たな分子を単離し,視神経再生誘導をかけると一過的に誘導されることも確認した。新たなアクチン結合蛋白質で神経細胞の突起先端に集約する分子ClipinCを単離した。神経遺伝子の制御に係るNRSでは,その制御因子の転写抑制の分子機構の一部を解明した。BDNF等,神経栄養因子のシグナルに係わるN-Shc/ShcC及びその関連分子SCK/ShcBの全長構造を解明し,N-Shc/ShcCには従来予測されていたGrb2サイト以外に新たなシグナルアウトプット領域があることが解った。また、Shc/ShcAは酸素ストレス下にセリンリン酸化を介してアポトーシスシグナルを流すが、N-Shc/ShcCは酸素ストレス下にプロテインキナーゼCの一部と結合し、その活性を抑えることがわかった。Shc/ShcAのセリンリン酸化ドメインの遺伝子欠失によりマウスは長寿となるので、今後N-Shc/ShcCの同様な遺伝子変異で神経の生存や個体の寿命が変わるかどうか興味深い。
研究分野
  • 生物学的機能
  • 細胞構成体の機能
  • 中枢神経系
  • 老化と死
  • 神経の基礎医学
関連発表論文 (1)McNeill, T.H., Mori, N. and Cheng, W.-H.: Differential regulation of the growth-associated proteins, GAP-43 and SCG-10, in response to unilateral cortical ablation in adult rats. Neuroscience 90:1349-1360 (1999)
(2)Nakamura T, Takeuchi K, Muraoka S, Takezoe H, Takahashi N, and Mori N: A neurally-enriched coronin-like protein, ClipinC, is a novel candidate for an actin cytoskeleton-cortical membrane linking protein. J. Biol. Chem. 274, 13322-13327 (1999)
(3)Tabuchi A, Nakatani C, Nakaoka R, Naruse Y, Kojima T, Mori N and Tsuda M: Silencer-mediated repression and non-mediated activation of BDNF and c-fos gene promoters in primary glial or neuronal cells, Biochem Biophys Res Commun 261, 233-237 (1999)
(4)Miyaguchi K, Maeda Y, Kojima T, Setoguchi Y and Mori: Neuron-targeted gene transfer by adenovirus carrying neural-restrictive silencer element, NeuroReport 10, 2349-2353 (1999)
(5)Naruse Y, Aoki T, Kojima T, and Mori N: Neural restrictive silencer factor recruits mSin3 and histone deacetylase complex to repress neuron-specific target genes. Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 96, 13691-13696 (1999)
(6)Nakazawa T, Nakano I, Furuyama T, Morii H, Tamai M, and Mori N: The SCG10-related gene family in the developing rat retina: Persistent expression of SCLIP and stathmin in mature ganglion cell layer. Brain Res. 861 (2) 399-407 (2000)
(7)森 望:リン酸化チロシンアダプター分子Shc(p66Shc)の遺伝子ノックアウトによるマウスの寿命延長、Molecular Medicine 37(1)pp110-114(2000)
(8)森 望:単一遺伝子変異によるマウスの寿命延長、蛋白質・核酸・酵素45(2)pp176-177(2000)
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「脳を守る」研究代表者 森 望(国立長寿医療研究センター)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 森 望. 脳を守る 老化脳における神経の可塑性制御の分子基盤. 戦略的基礎研究推進事業 平成11年度 研究年報.科学技術振興事業団, 2000. p.928 - 931.

PAGE TOP