TOP > 研究報告検索 > ウイルス性脳障害の発症機構の解明と治療法の開発

ウイルス性脳障害の発症機構の解明と治療法の開発

研究報告コード R000000283
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 長嶋 和郎
研究者所属機関
  • 北海道大学医学部
研究機関
  • 北海道大学医学部
報告名称 ウイルス性脳障害の発症機構の解明と治療法の開発
報告概要 ウイルス性脳障害の発症機構を解明すべく,ヒト脳に進行性多巣性白質脳症を起こすJCウイルス(JCV)を主対象にその脳組織特異性を研究している。JCV受容体の研究では,JCVを人工作成して粒子形成を電子顕微鏡で確認し,この人工ウイルスが哺乳類細胞に対するベクターとして機能することを示した。JCVはヒトO型赤血球を凝集させるがこの人工ウイルスも赤血球凝集機能を持ち,酵素処理で凝集作用が抑制されたことから,赤血球への吸着における特定の糖鎖の関与を示した。現在,これを用いてJCV受容体の単離を進めている。JCVの転写調節関連では以下の実験を進めている。病原型と非病原型につき,各2種類の転写領域(早期・後期転写領域)の下流に発光蛋白を融合させたトランスジェニックマウス作成を進めている。また成人T細胞白血病患者で進行性多巣性白質脳症の病変が高度だったことから,白血病の原因ウイルスの構成蛋白がJCVを活性化することを示した。
研究分野
  • 生物学的機能
  • 細胞構成体の機能
  • 中枢神経系
  • 神経の基礎医学
  • 神経系の疾患
関連発表論文 (1)Mochizuki N, Ohba Y, Kiyokawa E, Kurata T, Murakami T, Ozaki T, Kitabatake A, Nagashima K, Matsuda M: Activation of the ERK/MAPK pathway by an isoform of rap1GAP associated with Gα i. Nature 400: 891-894, 1999
(2)Takahashi RH, Nagashima K, Kurata T and Takahashi H: Analysis of human lymphotropic T-Cell virus type II-like particle production by recombinant baculovirus-infected insect cells. Virology 256: 371-380, 1999
(3)Miyazaki H, Okuma Y, Fujii Y, Nagashima K and Nomura Y: Glial cell line-derived neurotrophic factor protects against delayed neuronal death after transient forebrain ischemia in rats. Neuroscience 89: 643-647, 1999
(4)Suzuki T, Ogata A, Tashiro K, Nagashima K, Tamura M and Nishihira J: Augmented expression of macrophage migration inhibitory factor(MIF) in the telencephalon of the developing rat brain. Brain Res 816: 457-462, 1999
(5)Nagashima T, Okawa M, Kitamoto T, Takahashi H, Ishihara Y, Ozaki Y and Nagashima K: Wernicke encephalopathy-like symptoms as an early manifestation of Creutzfeldt-Jakob disease in a chronic alcoholic. J Neurol Sci 163: 192-198, 1999
(6)Nagashima T, Mori M, Katayama K, Nunomura M, Nishihara H, Hiraga H, Tanaka S, Goto Y and Nagashima K.: Adult Leigh syndrome with mitochondrial DNA mutation at 8993. Acta Neuropathol 97: 416-422, 1999
(7)Takahashi H, Takahashi R H, Hasegawa H, Horiuchi M, Shinagawa M, Yokoyama T, Kimura K, Haritani M, Kurata T and Nagashima K: Characterization of antibodides raised against bovine-PrP-peptides. J Neurovirol 5: 300-307, 1999
(8)Ohba Y, Suzuki H, Hiraga H, Ito T, Sawa H, Nagai M, Satoh S, Iwaki H and Nagashima K: Melanotic peritoneal sarcomatosis originating from clear cell sarcoma. Pathol Int 49: 653-657, 1999
(9)Nishihara H, Kobayashi S, Hashimoto Y, Ohba F, Mochizuki N, Kurata T, Nagashima K, Matsuda M: Non-adherent cell-specific expression of DOCK2, a member of the human CDM-family proteins Biochim Biophys Acta 1452: 179-187, 1999
(10)長嶋和郎:ウイルス性脳症の発生機序。第88回日本病理学会会誌88(1):83,1999,4
(11)Takahashi H, Iwata T, Kitagawa Y, Takahashi RH, Sato Y, Wakabayashi H, Takashima M, Kido H, Nagashima K, Kenney K, Gibbs CJ, JR, Kurata T: Increased Levels of ε and γ Isoforms of 14-3-3 Proteins in Cerebrospinal Fluid in Patients with Creulzfeldt-Jakob Disease: Clin Diagn Lab Immunol 6: 983-985, 1999
(12)Nagashima K, Okada Y, Tanaka S, Sawa H, Nagashima T: Correlation of clinicopathological features of progressive multifocal leukoencephalopathy(PML) with molecular findings of JC virus regulatory region. Neuropathology Applied Neurobiology.25: 79, 1999
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「脳を守る」研究代表者 長嶋 和郎(北海道大学医学部)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 長嶋 和郎. 脳を守る ウイルス性脳障害の発症機構の解明と治療法の開発. 戦略的基礎研究推進事業 平成11年度 研究年報.科学技術振興事業団, 2000. p.940 - 943.

PAGE TOP