TOP > 研究報告検索 > プリオン複製に関与する新しい因子の同定とプリオン病治療法開発への応用

プリオン複製に関与する新しい因子の同定とプリオン病治療法開発への応用

研究報告コード R000000287
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 金子 清俊
研究者所属機関
  • 国立精神・神経センター
研究機関
  • 国立精神・神経センター
報告名称 プリオン複製に関与する新しい因子の同定とプリオン病治療法開発への応用
報告概要 本研究の目的はプリオン病という核酸を介さないユニークな機構による感染症に関与する新しい分子(プリオンX)を同定することと,それらを通じた有効な対策・治療法の開発である。日本での乾燥硬膜移植による医原性プリオン病や英国における狂牛病問題など,この課題は緊急度の高いものである。これまでに,新分子に関する種々の解析を試み,現在は同定に向けて2プロジェクト,
1)感染性プリオンが生成するCLDs(Caveolae-like domains)に存在する全分子に対する抗体を作成し,これを用いてプリオンを修飾する分子を同定する研究,
2)プリオン斑(微量の脳内沈着物)数個を対象にその構成成分全てを同定する研究,を進めている。
後者では現在超高感度の実験系を開発中である。
前者ではCLDsに局在する蛋白質群に対すつ抗体カタログの作成に取り組んでいる。
今後数年以内に少なくとも1つの治療法の臨床応用を開始すべく努力している。
研究分野
  • 生物学的機能
  • 分子遺伝学一般
  • 動物学研究法
  • 神経の基礎医学
  • 神経系の疾患
関連発表論文 (1)K. Kaneko, H. L. Ball, H. Wille, H. Zhang, D. Groth, M. Torchia, P. Tremblay, J. Safar, and S. B. Prusiner, DeArmond SJ, Baldwin MA, and Cohen FE. A Synthetic Peptide Initiates Gerstmann-Straussler-Scheinker(GSS) Disease in Transgenic Mice. Running title: A peptide causes Gerstmann-Straussler-Scheinker disease. Journal of Molecular Biology, 295:997-1007. 2000;
(2)L. Zulianello, K. Kaneko, M. Scott, S. Erpel, D. Han, F.E. Cohen, and S.B. Prusiner. Dominant-negative inhibition of prion formation diminished by deletion mutagenesis of the prion protein. Journal of Virology, 74:4351-4360.2000
(3)S.B. Prusiner, P. Peters, K. Kaneko, A. Taraboulos, V. Lingappa, F.E. Cohen, and S.J. DeArmond. Chapter 9; Cell Biology of Prions. Prion Biology and Diseases (S.B. Prusiner ed.). Cold Spring Harbor Laboratory Press, (Cold Spring Harbor, New York), p349-391. 1999
(4)S.B. Prusiner S, K. Kaneko, F.E. Cohen, J. Safar and D. Riesner. Chapter 15; Some Strategies and Methods for the Study of Prions. Prion Biology and Diseases (S.B. Prusiner ed.). Cold Spring Harbor Laboratory Press, (Cold Spring Harbor, New York), 653-715.1999
(5)金子清俊、宮武 正.第3編感染症、第II部感染症と病態、薬物治療(薬物の選択と使用)5.「プリオン病」.医療薬学III免疫・がん・感染症.東京化学同人(東京),p326-329.2000
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「脳を守る」研究代表者 金子 清俊(国立精神・神経センター)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 金子 清俊. 脳を守る プリオン複製に関与する新しい因子の同定とプリオン病治療法開発への応用. 戦略的基礎研究推進事業 平成11年度 研究年報.科学技術振興事業団, 2000. p.964 - 967.

PAGE TOP