TOP > 研究報告検索 > 言語の脳機能に基づく言語獲得装置の構築

言語の脳機能に基づく言語獲得装置の構築

研究報告コード R000000291
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 酒井 邦嘉
研究者所属機関
  • 東京大学大学院総合文化研究科
研究機関
  • 東京大学大学院総合文化研究科
報告名称 言語の脳機能に基づく言語獲得装置の構築
報告概要 この研究テーマは,言語の脳機能に基づいて,脳型情報処理システムの構築を目指すものである。fMRI(機能的磁気共鳴映像法)と光トポグラフィーを用いて言語の脳機能マッピングを進めた。失語症や機能イメージングの研究が多数なされてきたが,大脳皮質にある複数の言語野と言語システムの部分要素との正確な対応は依然として不明である。本研究では,文法処理に選択的に関与している皮質領域を同定した。文法的なエラーを含む文と綴りのエラーを含む文を用いて,エラーを判断する場合の皮質の反応を比較評価するパラダイムを新たに開発した。その結果,各言語野の活動への影響は文法のエラーの方が強く,この2条件における皮質活動の差は,ウェルニケ野や角回・縁上回と比べてブローカー野の方が有意に大きかった。また,健常者における大脳皮質の領野と機能の因果関係を解明すべく,経頭蓋的磁気刺激法を用いた実験を始めた。
研究分野
  • 中枢神経系
  • 脳・神経系モデル
  • 生体計測
  • ニューロコンピュータ
  • 医用情報処理
関連発表論文 (1)Embick,D., Marantz,A., Miyashita,Y., O'Neil, W. and Sakai,K.L.: A syntactic specialization for Broca's area. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 97, 6150-6154 (2000).
(2)酒井邦嘉:光トポグラフィによる脳機能マッピング.Radioisotopes 49,115-116(2000).
(3)櫻井彰人&酒井邦嘉:言語獲得のモデル.数理科学444,45-51(2000).
(4)Hashimoto, R., Homae, F., Nakajima, K., Miyashita, Y. & Sakai, K.: Attentional influence on speech recognition: An fMRI study of multiple auditory areas. Neuroimage 9, S1057 (1999).
(5)Hashimoto, R., Homae, F., Nakajima, K., Miyashita, Y. & Sakai, K.: Multiple pathways in human auditory cortex revealed by a dichotic listening task. Neurosci. Res. Suppl. 23, S293 (1999).
(6)Sato, K., Takeuchi T. & Sakai, K.: Functional mapping of the auditory cortex during speech recognition with optical topography. Neurosci. Res. Suppl. 23, S294 (1999).
(7)Nakajima, K., Homae, F., Hashimoto, R., Miyashita, Y. & Sakai, K.: Information processing based on speech recognition in language areas. Neurosci. Res. Suppl. 23, S294 (1999).
(8)Homae, F., Hashimoto, R., Nakajima, K., Miyashita, Y. & Sakai, K.: Functional brain mapping of context-sensitive processing of language in audition and vision. Neurosci. Res. Suppl. 23, S294 (1999).
(9)Takeuchi T., Sato, K. & Sakai, K.: Attentional effect on speech recognition: Functional mapping with optical topography. Neurosci. Res. Suppl. 23, S297 (1999).
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「脳を創る」研究代表者 酒井 邦嘉(東京大学大学院総合文化研究科)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 酒井 邦嘉. 脳を創る 言語の脳機能に基づく言語獲得装置の構築. 戦略的基礎研究推進事業 平成11年度 研究年報.科学技術振興事業団, 2000. p.982 - 984.

PAGE TOP