TOP > 研究報告検索 > MEGによる人間の高次脳機能の解明

MEGによる人間の高次脳機能の解明

研究報告コード R000000292
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 武田 常広
研究者所属機関
  • 東京大学大学院新領域創成科学研究科
研究機関
  • 東京大学大学院新領域創成科学研究科
報告名称 MEGによる人間の高次脳機能の解明
報告概要 本研究の目的は,全頭型脳磁計MEGを用いて人間の5感の動特性や各感覚間の相互干渉特性を解明することと,活動源推定問題において,脳の形状や生理的制約条件などを拘束条件に織込んだ,高速・高精度な逆問題解法の開発にある。MEG計測と併用して,TDO(三次元オプトメータ)や多点筋電計測装置による測定や蓄積知見を加えて,1次感覚の諸特性の同定から,人間に固有の高次脳機能の解明を進めた。MEG計測では被験者に対する刺激法が重要なので,現在までに視覚や味嗅覚用の刺激装置を開発し,引続き新規な刺激法の開発やMEG周辺装置の改良を進めている。膨大な取得データの整理・解析・可視化も重要なので,解析ソフトの開発も進めている。現在,計測データから脳活動を推定する部分がMEG利用の最大ネックなので,高速・高信頼の推定法開発を行っている。
研究分野
  • 中枢神経系
  • 感覚系一般
  • 脳・神経系モデル
  • 生体計測
  • 医用情報処理
関連発表論文 (1)著者:Takeda,T.(東京大学)、Hashimoto,K.(生命研)、Hiruma,N.(NHK)、and Fukui,Y.(生命研)発表論文名:Characteristics of accommodation evoked by apparent depth掲載誌: Vision Research
(2)著者:Takeda,T.(東京大学)、Matani,A.(東京大学)、Owaki,T.(東京大学)、Hashimoto,K.(生命研)、and Endo,H.(生命研)発表論文名:Spatiotemporal characteristics of accommodation related MEG掲載誌: Recent Advances in Biomagnetism
(3)著者:Matani,A.(東京大学)、Takeda,T.(東京大学)、Owaki,T.(東京大学)、Endo,H.(生命研)発表論文名:A modified beamforming for estimating current distribution in the brain掲載誌: Recent Advances in Biomagnetism
(4)著者:Holroyd,T.(生命研)、Endo,H.(生命研)、Kelso,J.A.S.(大西洋大学)、Takeda,T.(東京大学)発表論文名:Dynamics of the MEG recorded during rhythmic index-finger extension and flexion掲載誌: Recent Advances in Biomagnetism
(5)著者:Yamaguchi,Y.(生命研)、Endo,H.(生命研)、Kikuchi,Y.(医科歯科大)、Kobayakawa,T.(生命研)、Saito,S.(生命研)、Takeda,T.(東京大学)、Kumada,T.(生命研)発表論文名:Neuromagnetic activity evoked by visual pop-out stimuli掲載誌: Recent Advances in Biomagnetism
(6)著者:Owaki,T.(東京大学)、Asano,K.(東京大学)、Matani,A.(東京大学)、Takeda,T.(東京大学)発表論文名: Measurement of MEG related to stereoscopic perception掲載誌: Recent Advances in Biomagnetism
(7)著者:Bakardjian,H.(生命研)、Uchida,A.(生命研)、Endo,H.(生命研)、Takeda,T.(東京大学)発表論文名:Influence of location and displacement on evoked magnetic responses to apparent motion and flash stimuli掲載誌: Recent Advances in Biomagnetism
(8)著者:Harada,N.(生命研)、Masuda,T.(生命研)、Endo,H.(生命研)、Takeda,T.(東京大学)発表論文名:The effect of tone pulses with fluctuating interstimulus intervals on auditory evoked magnetic fields掲載誌: Recent Advances in Biomagnetism
(9)著者:Masuda,T.(生命研)、Endo,H.(生命研)、Takeda,T.(東京大学)発表論文名:Number of active muscle fibers within a single motor unit estimated by magnetomyography掲載誌: Recent Advances in Biomagnetism
(10)著者:Cheyne,D.(サイモンフレーザー大学)、Weinberg,H.(サイモンフレーザー大学)、Takeda,T.(東京大学)、and Endo,H.(生命研)発表論文名:Movement-evoked fields reflect proprioceptive feedback to SI掲載誌: Recent Advances in Biomagnetism
(11)著者:Tominaga,T.(慶応大学)、Endo,H.(生命研)、Honda,S.(慶応大学)、and Takeda,T.(東京大学)発表論文名:Current dipole localization with fewer average of evoked fields through wavelet based time varying filter掲載誌: Recent Advances in Biomagnetism
(12)著者:Holroyd,T.(生命研)、Endo,H.(生命研)、Takeda,T.(東京大学)発表論文名:Creation of cortical surface models from MRI data for dipole fitting of MEG data掲載誌: Recent Advances in Biomagnetism
(13)著者:Uchida,A.(生命研)、Endo,H.(生命研)、Holroyd,T.(生命研)、Matani,A.(東京大学)、Takeda,T.(東京大学)発表論文名:AVS based brain activity analysis system with a real head shape掲載誌: Recent Advances in Biomagnetism
(14)著者:Cichocki,A.(理化学研究所)、Cao,J.(理化学研究所)、Amari,S.(理化学研究所)、Murata,N.(理化学研究所)、Takeda,T.(東京大学)、and Endo,H.(生命研)発表論文名:Enhancement of magnetoencephalographic signals using independent component analysis掲載誌: Recent Advances in Biomagnetism
(15)著者:Takeda,T.(東京大学)、Takae,T.(KRI)、Matani,A.(東京大学)、Owaki,T.(東京大学)、and Endo,H.(生命研)発表論文名:Pilot study of Lhe circulation systems for biomagnetometers掲載誌: Recent Advances in Biomagnetism
(16)著者:Endo,H.(生命研)、Takeda,T.(東京大学)、Kizuka,T.(生命研)、and Masuda,T.(生命研)発表論文名:Two phases activity in the motor cortex evoked by an external instruction掲載誌: Recent Advances in Biomagnetism
(17)著者:Masuda,T.(生命研)、Endo,H.(生命研)、and Takeda,T.(東京大学)発表論文名:Magnetic fields produced by single motor units in human skeletal muscles掲載誌: Clinical Neurophysiology
(18)著者:内田公(生命研)、赤塚孝雄(山形大学)、矢島章夫(山形大学)、武田徹(筑波大学)、武田常広(東京大学)発表論文名:回転楕円体モデルによる冠状動脈造影像列からの心動態推定 掲載誌:医用電子と生体工学
(19)著者:Endo,H.(生命研)、Kizuka,T.(生命研)、Masuda,T.(生命研)、Takeda,T.(東京大学)発表論文名:Automatic activation in the human primary motor cortex synchronized with movement preperation載誌: Cognitive Brain Research
(20)著者:武田常広(東京大学)発表論文名:ジョセフソン素子を使った脳機能計測装置掲載誌:Interlab
(21)著者:Takeda,T.(東京大学)、Endo,H.(生命研)、Hashimoto,K.(生命研)発表論文名:Research on dynamic accommodation using TDO III(Three dimensional optometer III) and MEG(Magnetoencephalography)掲載誌: Accommodation and Vergence Mechanisms in the Visual System
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「脳を創る」研究代表者 武田 常広(東京大学大学院新領域創成科学研究科)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 武田 常広. 脳を創る MEGによる人間の高次脳機能の解明. 戦略的基礎研究推進事業 平成11年度 研究年報.科学技術振興事業団, 2000. p.985 - 990.

PAGE TOP