TOP > 研究報告検索 > 運動の学習制御における小脳機能の解明

運動の学習制御における小脳機能の解明

研究報告コード R000000293
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 永雄 総一
研究者所属機関
  • 自治医科大学医学部
研究機関
  • 自治医科大学医学部
報告名称 運動の学習制御における小脳機能の解明
報告概要 本研究では,小脳による運動学習を特徴付ける実験パラダイムを眼球(滑動性眼球運動,サッカード,輻輳運動)や四肢の運動を用いて作成し,これらを用いて運動学習の原因が小脳の長期抑圧である実験根拠を提出した。また,小脳の中で運動学習とその記憶保持に実際に関与する活性物質の候補を,実験的に探索した。更に,小脳による学習と大脳など他の脳部位による学習との関連をモデル化するパラダイムを開発すると共にfMRIや系統解剖を用いて学習に関与する具体的な脳部位を同定する試みをした。実施内容には,サルの滑動性追跡眼球運動を用いて行った小脳と大脳の学習の特徴の検討,以下(視覚誘導性または記憶誘導性眼球運動,上肢運動)の学習制御メカニズムを調べる実験装置の構築,視覚誘導性到達運動のメカニズム関連の心理実験(運動してい計算メカニズムと,視覚運動変換の適応メカニズム関連),人間を用いた輻輳眼球運動を駆動する視覚入力の特性,など8項目を含む。
研究分野
  • 中枢神経系
  • 感覚系一般
  • 脳・神経系モデル
  • 生体計測
  • 医用情報処理
関連発表論文 (1)Nagao S, Kitazawa H. Subdural applications of NO-scavenger or NO-blocker to the cerebellum depress the adaptation of monkey post-saccadic smooth pursuit eye movements. NeuroReport 17:131-133,2000.
(2)Kitazawa H, Katoh A, Yagi T, Nagao S. Dynamic characteristics and adaptability of reflex eye movements of Fyn-deficient mice. Neuroscience Letter 280: 179-182,2000.
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「脳を創る」研究代表者 永雄 総一(自治医科大学医学部)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 永雄 総一. 脳を創る 運動の学習制御における小脳機能の解明. 戦略的基礎研究推進事業 平成11年度 研究年報.科学技術振興事業団, 2000. p.991 - 994.

PAGE TOP