TOP > 研究報告検索 > アジア域の広域大気汚染による大気粒子環境の変調

アジア域の広域大気汚染による大気粒子環境の変調

研究報告コード R000000332
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 中島 映至
研究者所属機関
  • 東京大学気候システム研究センター
研究機関
  • 東京大学気候システム研究センター
報告名称 アジア域の広域大気汚染による大気粒子環境の変調
報告概要 アジアの広域を対象とした大気エーロゾルの性状と気候変動への影響に関する研究である。ここでは,1999年度の研究実施内容と成果について報告した。アジア地域の地表面気温と降雨量の統計データを調査し,特に人間活動の激しい地域の気温や降雨量が他の地域と異なることを見出した。また,可視と近赤外波長の解析により,エーロゾルの光学的厚さとオングストローム指数の全球分布を求めた。図1から,人間活動の激しい北半球中緯度と森林火災の激しい熱帯域で,小粒子エーロゾルが卓越する様子が明らかになった。一方,砂漠起源の大粒子がサハラ砂漠付近に観測された。また,低層雲の有効粒子半径を求めた結果,大陸やその周辺で有効粒子半径が顕著に縮小する傾向を確認した。これはエーロゾルにより雲粒が収縮するためと推定した。また,衛星観測データのモデル化を検討し,精度向上に重要な要素が明らかになった。さらに,地上観測システムの基本構想を作成した(図2)。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R000000332_01SUM.gif R000000332_02SUM.gif
研究分野
  • 成層圏・中間圏
  • 気象学一般
  • 対流圏・成層圏の地球化学
  • 気圏環境汚染
  • 粒状物調査測定
関連発表論文 (1)Ackerman, S., P. Artaxo, O. Boucher, M.Y. Danilin, B. Karcher, P. Minnis, T. Nakajima, and O.B. Toon, 1999: Aviation-produced aerosols and cloudiness. Chapter 3 of IPCC Special Report' Aviation and the global atmosphere', Cambridge University Press, 65-120.
(2)Emori, S., T. Nozawa, A. Abe-Ouchi, A. Numaguti, M. Kimoto and T. Nakajima, 1999: Coupled ocean-atmosphere model experiments of future climate change with an explicit representation of sulfate aerosol scattering. J. Meteor. Soc. Japan, 77, 1299-1307.
(3)Higurashi, A., and T. Nakajima, 1999: Development of a Two Channel Aerosol Retrieval Algorithm on Global Scale Using NOAA/AVHRR. J. Atmos. Sci., 56, 924-941.
(4)Meerkotter, R., U. Schumann, D.R. Doelling, P. Minnis, T. Nakajima, and Y. Tsushima, 1999: Radiative forcing by contrails. Ann. Geophysicae, 17, 1080-1094.
(5)Nakajima, T., A. Higurashi, K. Aoki, T. Endoh, H. Fukushima, M. Toratani, Y. Mitomi, B.G. Mitchell and R. Furuin, 1999: Early phase analysis of OCTS radiance data for aerosol remote sensing, IEEE Trans. Geosci. Remote Sensing., 37, 1575-1585.
(6)Nakajima, T., A. Higurashi, N. Takeuchi, and J.R. Harman, 1999: Satellite and ground-based study of optical properties of 1997 Indonesian forest fire aerosols. Geophys. Res. Lett., 26, 2421-2424.
(7)Nakajima, T., T.Y. Nakajima, M. Nakajima, and the GLI Algorithm Integration Team(GAIT), 1999: Development of ADEOS-II/GLI operational algorithm for earth observation. SPIE, 3870, 314-322.
(8)Narukawa, M., K. Kawamura, N. Takeuchi, and T. Nakajima, 1999: Distribution of dicarboxylic acids and carbon isotopic compositions in aerosols from 1997 Indonesian forest fires. Geophys. Res. Lett., 26, 3101-3104.
(9)Narukawa, M., K. Kawamura, N. Takeuchi, and T. Nakajima, 1999: Molecular composition of dicarboxylic acids in size-segregated aerosols collected during forest fire in Southeast Asia. Res. Org. Geochem., 14, 11-18.
(10)Ru, J., N. Takeuchi, T. Uezono, S. Kaneta, M. Minomura, H. Kuze, T. Takamura, A. Higurashi, and T. Nakajima, 2000: Optical properties of biomass burning smoke in South-east Asia studied by NOAA/AVHRR and ground-base monitoring. Adv. Space Res., 25, 1029-1032.
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「地球変動のメカニズム」研究代表者 中島 映至(東京大学気候システム研究センター)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 中島 映至. 地球変動のメカニズム アジア域の広域大気汚染による大気粒子環境の変調. 戦略的基礎研究推進事業 平成11年度 研究年報.科学技術振興事業団, 2000. p.1192 - 1198.

PAGE TOP