TOP > 技術シーズ検索 > 人工冠動脈及び冠動脈ステント性能評価シミュレータ

人工冠動脈及び冠動脈ステント性能評価シミュレータ

シーズコード S100001959
掲載日 2010年10月6日
研究者
  • 梅津 光生
  • 堀切 芳一
  • 丹治 一幸
  • 曽我 新吾
技術名称 人工冠動脈及び冠動脈ステント性能評価シミュレータ
技術概要 人工冠動脈及び冠動脈ステント性能評価シミュレータは、人工冠動脈及び冠動脈ステントの挙動を予測するための人工冠動脈及び冠動脈ステント性能評価シミュレータであって、所定の間隔で拍動して液体を吐出するポンプ機構1を備えた冠循環装置5,5A,9と、冠循環装置の液体流路5に設けられた冠動脈ステント17が挿入される可撓性チューブ11と、可撓性チューブに近在して設けられた液体流路の絞り機構12とを有し、絞り機構がポンプ機構1と同期可能なものである。この為、冠循環装置の液体流路に生理食塩水等の水を充填しておき、所定の圧力及び間隔で水が循環する様にポンプ機構を拍動させると共に、このポンプ機構と液体流路の絞り機構とを同期させて、心筋の脈動に伴う血流に近似した状態を再現できる。またこのシミュレータにおいて、ポンプ機構1がエアポンプ2を有し、絞り機構12が液体流路5に設けられた弾性チューブ13と、この弾性チューブに近接した圧迫体14とからなり、圧迫体がエアポンプに連動して設けられているものである。またこのシミュレータにおいて、可撓性チューブ11がシリコンチューブであり、人の冠動脈に模して調整されたものである。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_1999-158780.gif
研究分野
  • 医療用機器装置
展開可能なシーズ 冠動脈ステントの動的状況下における性能評価シミュレータ、及び人工冠動脈の動的状況下における性能評価シミュレータを提供する。
人体の冠動脈に近い動的環境下における人工冠動脈及び冠動脈ステントの力学的挙動を測定することができる。また、ポンプ機構と絞り機構とを容易に同期させることができるとともに、圧迫体に供給するエア量を調整することで弾性チューブを押圧する圧力を容易に調節することができ、各種条件に対応可能となっている。さらに、可撓性チューブがシリコンチューブであり、人の冠動脈に模して調整されたものであるので、人体の冠動脈に近い条件で人工冠動脈及び冠動脈ステントの挙動をシミュレートすることができる。
用途利用分野 冠動脈ステント動的状況下性能評価、人工冠動脈動的状況下性能評価
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 早稲田大学, . 梅津 光生, 堀切 芳一, 丹治 一幸, 曽我 新吾, . 人工冠動脈及び冠動脈ステント性能評価シミュレータ. 特開2000-342692. 2000-12-12
  • A61F   2/82     
  • G09B   9/00     

PAGE TOP