TOP > 技術シーズ検索 > MoSi2基シリサイド複合材料およびその製造方法

MoSi2基シリサイド複合材料およびその製造方法

シーズコード S100002024
掲載日 2010年10月6日
研究者
  • 山口 正治
  • 乾 晴行
技術名称 MoSi2基シリサイド複合材料およびその製造方法
技術概要 Cll型構造を持つMoSi基シリサイド2の単結晶をマトリックスとし、セラミックス長繊維1にて強化した複合材料である。この場合、MoSi基シリサイド2の単結晶の〔001〕又は〔010〕近傍の方位を、セラミックス長繊維1の軸方向と平行に配向して成る。製造方法は、マトリックスを構成するMoSi基シリサイド2を、一方向凝固によって単結晶化しつつセラミックス長繊維1を複合する。MoSi基シリサイド2を単結晶の〔001〕近傍の方位と、これに複合するセラミックス長繊維1の軸方向が平行な場合は、複合材料の繊維軸方向にかかる1軸応力に対するマトリックスの変形応力が高いために、複合材料は高温域における高いクリープ抵抗を示す。またMoSi基シリサイド2を単結晶の〔010〕近傍の方位と、これに複合するセラミックス長繊維1の軸方向が平行な場合は、複合材料のマトリックスのシリサイド単結晶が常温でも変形能を有するうえ、高温では低応力で塑性変形するため、クラックの進展抵抗が大きくなり、低温域における靱性の大きな複合材料となる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_1998-183506.gif
研究分野
  • 繊維強化金属
  • 圧粉,焼結
  • 凝固
展開可能なシーズ 高温クリープ強度又は低温域における靱性が優れた複合材料及びその製造方法を提供する。
過酷な環境で使用されるために、高耐熱性、高耐酸性などを要求される部品の素材として好適な複合材料を提供できる。
用途利用分野 ジェットエンジン、陸上タービン、自動車エンジン、化学プラント、ロケット
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人京都大学, . 山口 正治, 乾 晴行, . MoSi2基シリサイド複合材料およびその製造方法. 特開2000-017407. 2000-01-18
  • C22C  47/08     
  • C22C  47/00     
  • C22C  49/12     
  • C22C  49/14     
  • C22C  27/04     

PAGE TOP