TOP > 技術シーズ検索 > 大型膜宇宙構造物およびその展開方法

大型膜宇宙構造物およびその展開方法

シーズコード S100002084
掲載日 2010年10月7日
研究者
  • 川口 淳一郎
技術名称 大型膜宇宙構造物およびその展開方法
技術概要 宇宙船に設けられたハブ2と、例えば4つのペタル6を有する帆部4とを備える。また、このハブ2には、このハブ2と各ペタル6とを連結する連結部材として支持体8が設けられる。また、この支持体8は、剛性を有する第1の支持具と、中央部(中点)および複数点でヒンジ状に接続されたひも状ないし好ましくは桁構造を有する第2の支持具とを備える。そして、第1の支持具の両端と第2の支持具の両端とがそれぞれ例えばひも状の細い第1の索体で接続される。また、これら支持体8は、仮想中心線OAに関して回動可能であるとともに、この回動角度を所定の範囲で所望の角度に制御することができる。そして、これらペタル6は、それぞれハブ2の中心に関して対称に展張されるとともに、それぞれ同一な四角形OBAB’を有する。なお、この四角形OBAB’の1つの頂点O、すなわち、ハブ2の中心を第1の支点Oとする。また、これらペタル6は、それぞれ仮想中心線OAに関して対称な形状に形成される。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2001-215823.gif
研究分野
  • 宇宙飛行体
  • 操縦・制御系統
展開可能なシーズ 大型膜宇宙構造物およびその展開方法を提供する。
製造時のスペースを膜材1枚程度にすることができる大型膜宇宙構造物を提供することができる。また、収納による残留応力および残留ひずみを小さく抑えることができ、かつ軽量で、ペタルを展開するために必要な力を小さくすることができる。
用途利用分野 ハブ、ペタル
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構, . 川口 淳一郎, . 大型膜宇宙構造物およびその展開方法. 特開2003-026100. 2003-01-29
  • B64G   1/22     
  • B64G   1/24     
  • B64G   1/44     

PAGE TOP