TOP > 技術シーズ検索 > 液晶光学計測装置及びそれを用いた光学計測測定システム

液晶光学計測装置及びそれを用いた光学計測測定システム

シーズコード S100002085
掲載日 2010年10月7日
研究者
  • 新宮 博公
  • 本間 幸造
  • 黒崎 裕久
  • 鈴木 孝雄
技術名称 液晶光学計測装置及びそれを用いた光学計測測定システム
技術概要 液晶光学計測装置1は、通常の光学センサである液晶同調フィルタ(LCTF分光偏光放射計)と比較して、LCTF20に回転機構25を装着したこと、及びLCTF20の光軸方向前後にリレーレンズ4,5を用いた点で相違している。このLCTF20は、入力偏光子21、複屈折結晶板、液晶素子及び出力偏光子24で構成されている。そして、LCTF20は、直線偏光子(1inear polarizer)を含んでおり、実用のLCTF20は、そうした構造を幾層にも重ねたものである。このようにして、LCTF20を入射光の光軸回りに回転可能としている。この場合、特に、対物レンズ2とCCD検出素子6との間にリレーレンズ4,5を配置することにより、リレーレンズ4,5間がLCTF20が挿入可能な平行光線束の区間となる。対物レンズ2からリレーレンズ4に入射した光は平行光となってLCTF20に入射され、その後、LCTF20を通過した光は再びリレーレンズ5を通してCCD検出素子6に結像される。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2002-012232.gif
研究分野
  • 液晶一般
  • 光学的測定とその装置一般
  • 電荷移送デバイス
展開可能なシーズ 多種方向の偏光画像から特徴抽出を可能にして抽出精度を向上させると共に、センサ出力としてCCD面に得られる対象物の結像画像データの計測精度を高めて、対象物の特徴抽出の精度を向上させることができる液晶光学計測装置を提供する。
パーソナルコンピュータによって液晶光学計測装置を制御したり、液晶光学計測装置からの画像データの取得、加工等の制御が行え、液晶光学計測装置の取り扱いが簡単になると共に、システムとしても簡素に構成可能となり、地上や海上においては据付け性が良好になるとともに、車両、船舶、航空機、宇宙機等の移動体への搭載性が良好に行える。
用途利用分野 光学センサ
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構, . 新宮 博公, 本間 幸造, 黒崎 裕久, 鈴木 孝雄, . 液晶光学計測装置及びそれを用いた光学計測測定システム. 特開2003-215530. 2003-07-30
  • G02F  1/13      
  • G01J  3/447     
  • G01N 21/27      
  • G01N 21/21      

PAGE TOP