TOP > 技術シーズ検索 > 蛍光X線ホログラフィー装置、蛍光X線ホログラフィーおよび局所構造解析方法

蛍光X線ホログラフィー装置、蛍光X線ホログラフィーおよび局所構造解析方法

シーズコード S100002158
掲載日 2010年10月7日
研究者
  • 松原 英一郎
  • 林 好一
  • 若生 公郎
技術名称 蛍光X線ホログラフィー装置、蛍光X線ホログラフィーおよび局所構造解析方法
技術概要 X線ホログラフィー装置1は、連続した波長のX線および所定波長の特性X線を放射するX線源すなわちX線発生装置3、測定対象である試料Oを保持し、所定の回転数で回転させる回転ステージ5および試料Oから出射されるX線(蛍光X線)の干渉(ホログラム)パターンを検出するX線検出器7を有している。このX線検出器7の出力は、画像処理装置、例えばパーソナルコンピュータPCにインタフェースを介して記憶される。また、回転ステージ5とX線発生装置3との間の所定位置には、X線発生装置3から試料Oに向けられる連続した波長のX線のうちの所定の波長のX線すなわち特性X線を、試料Oの所定の領域(任意の一点)に集束させるX線集束素子9が設けられている。この場合、X線集束素子9は、所定の厚さのグラファイトを円筒状またはトロイダル状に整形した中空体を、例えば回転軸に沿って切断した少なくとも円弧状部を伴ったX線反射体である。そして、パーソナルコンピュータPCに取り込まれた試料Oからの蛍光X線(干渉パターン)は、パーソナルコンピュータPCにより、例えば原子像として可視化される。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2002-079541.gif
研究分野
  • 放射線検出・検出器
  • ホログラフィー
展開可能なシーズ 短時間で所定カウント数の蛍光X線を取得してホログラム(X線干渉)パターンを得ることのできる蛍光X線ホログラフィー装置を提供する。
大規模な放射光施設を利用することなく、研究室レベルでも、容易に、局所解析原子像を取得することができる。
用途利用分野 実験設備、X線発生装置、X線検出器
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人東北大学, . 松原 英一郎, 林 好一, 若生 公郎, . 蛍光X線ホログラフィー装置、蛍光X線ホログラフィーおよび局所構造解析方法. 特開2003-279506. 2003-10-02
  • G01N  23/223    
  • G03H   5/00     
  • G21K   1/06     

PAGE TOP