TOP > 技術シーズ検索 > 測定装置

測定装置

シーズコード S100002185
掲載日 2010年10月7日
研究者
  • 吉永 育生
  • 中矢 哲郎
技術名称 測定装置
技術概要 この測定装置2は、下端が水域3の底部4に固定されこの下端から縦方向に延びるとともに上端が水面上に突出する棒状の静止部材6と、この静止部材6に上下動自在に遊嵌された水深保持部材7A、7Bと、この水深保持部材7A、7Bの上部に取り付けられこの水深保持部材7A、7Bを水面から一定の位置に保持する浮き体10と、水深保持部材7A、7Bの上下方向の所定位置に取り付けられその水深における所定の特性を測定するセンサ13とを備えたものである。測定装置2を設置するには、測定装置2を船により沼等の水域3の特定の場所(定点)に運び、棒材(静止部材)6を底部4に直立させて差し込む。棒材6は底部4対して固定され水面5上に直立状態で突出する。環状部材(水深保持部材)7A、7Bは上部に浮き体10が取り付けられ、しかも、棒材6に対して上下に移動自在に係止されているので、水位が変動しても水位の変動に追随して水面5から常に一定の距離を維持する。このため、センサ13は水位の変動に関係なく常に水面から一定の水深における水の特性を測定することができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2000-011906.gif
研究分野
  • 長さ,面積,断面,体積,容積,角度の計測法・機器
展開可能なシーズ 一定の水深における測定作業を容易かつ確実に行うことができる測定装置を提供する。
水深保持部材を水面から一定の位置に保持する浮き体と、水深保持部材の上下方向の所定位置に取り付けられその水深における所定の特性を測定するセンサとを備えるので、常に一定の水深で測定することができ、一定の水深における測定作業を効率化できる。
用途利用分野 水域、水温、水特性、センサ
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構, . 吉永 育生, 中矢 哲郎, . 測定装置. 特開2001-201345. 2001-07-27
  • G01C 13/00      
  • G01K  1/02      
  • G01K  1/14      
  • G01N  33/18     

PAGE TOP