TOP > 技術シーズ検索 > 黒毛和種去勢肥育牛の推定尺

黒毛和種去勢肥育牛の推定尺

シーズコード S100002205
掲載日 2010年10月7日
研究者
  • 三橋 忠由
  • 島田 和宏
  • 三津本 充
技術名称 黒毛和種去勢肥育牛の推定尺
技術概要 肥育期間9か月齢から28か月齢の黒毛和種去勢肥育牛の胸囲をテープ状のスケールにより測定する。そして、体重と高い有意の相関を示す回帰式からこの肥育牛の体重を、または体重の0.75乗の関数から求められるこの肥育牛の栄養要求量を、または給与すべきエネルギーを体重に基づいて算出されるこの肥育牛への濃厚飼料の給与量を、それぞれ推量する。ここで、このテープ状のスケールに、胸囲の目盛りに相当する位置に推定体重の目盛り、推定栄養要求量の目盛り、推定濃厚飼料給与量の目盛りを併記することが好ましい。黒毛和種去勢牛の胸囲と体重は高い有意の相関を示す(3次回帰)。この関係から肥育現場で容易に体重推定に用いることができる「体重尺」を作ることができ、これを用いて必要な栄養量、さらに、給与すべき濃厚飼料の実量を知ることができる。推定尺1は、肥育期間9か月齢から28か月齢の黒毛和種去勢肥育牛の胸囲2を測定し、体重と高い有意の相関を示す回帰式からこの肥育牛の体重3を、または体重の0.75乗の関数から求められる栄養要求量4を、または濃厚飼料給与量5を、それぞれ推量して作成したものである。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2001-061814.gif
研究分野
  • 飼養管理
展開可能なシーズ 牛の成長程度及び栄養要求量を的確かつ容易に推定し、経済効率の良い肥育を可能にする。
テープ(巻き尺)状のスケールにより肥育牛の胸囲を測定して、この肥育牛の体重、栄養要求量、濃厚飼料の給与量を簡単、かつ容易に推量することかでき、肥育牛の生産現場で日常的に成長具合及び栄養要求量を容易に知ることができることによって、無駄の無い適切な飼料給与が可能になり、肥育経営における経済効率向上を図ることができる。
用途利用分野 肉用牛
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構, . 三橋 忠由, 島田 和宏, 三津本 充, . 黒毛和種去勢肥育牛の推定尺. 特開2002-262714. 2002-09-17
  • A01K  67/00     
  • G01B   3/10     

PAGE TOP