TOP > 技術シーズ検索 > 浅層型スラリーインジェクタ

浅層型スラリーインジェクタ

シーズコード S100002213
掲載日 2010年10月7日
研究者
  • 澤村 篤
  • 住田 憲俊
  • 糸川 信弘
  • 石田 三佳
技術名称 浅層型スラリーインジェクタ
技術概要 トラクタ1に連結され、家畜糞尿のようなスラリーを圃場土中に連続して施用するインジェクタ2は、掘削刃16の後部にスラリー注入管17及び覆土板18を配設し、これらを、本体フレーム6に対して先端部が回転支持部材10を介して左右回動可能に支持された支持アーム11の後部側に、上下方向に作動する平行リンク12、バネ13及び上下移動範囲規制部材14を介して支持している。そして、本体フレーム6に、ゲージホイール19を上下移動してインジェクタ2によるスラリーの圃場土中への施用深さを調節する上下調節支持装置20及びインジェクタ2の作業を安定させるウエイト32を備え、インジェクタ2によるスラリーの圃場土中への施用深さを、地表から15cm付近までの浅層に設定している。更に、インジェクタ2を、平行リンク12、バネ13、上下移動範囲規制部材14及び回転支持部材10により圃場の凹凸に対して独立して追従可能に懸架し、インジェクタ2が土中の障害物に接触すると上方、左右に移動でき、スラリーの注入深さを確保して圃場表面への露出を防ぎ、かつ回転支持部材10によりインジェクタ2を土中に挿入したまま旋回可能に支持している。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2001-229356.gif
研究分野
  • 圃場作業用機械
  • 施肥法・肥効
展開可能なシーズ 家畜糞尿スラリーの圃場施用に際し、表面施用と同程度の能力を有するとともに、臭気の発生を防ぎ、地下水汚染も防止できる浅層型スラリーインジェクタを提供する。
地表から15cm付近までの浅層にスラリーを安定して注入することができ、また、圃場の凹凸に対して、各条のスラリーインジェクタを独立して左右回動、上下移動可能に取り付け、圃場の凹凸に追従してスラリーの注入深さを確保し、かつスラリーの露出を防ぐことができる。石礫等の障害物がある場合は、インジェクタを上方ならびに左右に逃がし、石礫圃場でもスラリーの施用が可能である。
用途利用分野 家畜糞尿スラリーインジェクタ
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構, . 澤村 篤, 住田 憲俊, 糸川 信弘, 石田 三佳, . 浅層型スラリーインジェクタ. 特開2003-038012. 2003-02-12
  • A01C  23/02     

PAGE TOP