TOP > 技術シーズ検索 > 浅層型スラリーインジェクタで用いるスラリーの流量制御装置

浅層型スラリーインジェクタで用いるスラリーの流量制御装置

シーズコード S100002215
掲載日 2010年10月7日
研究者
  • 澤村 篤
  • 住田 憲俊
  • 糸川 信弘
技術名称 浅層型スラリーインジェクタで用いるスラリーの流量制御装置
技術概要 掘削刃の後部にスラリー注入管及び覆土板を配設し、これらを、本体フレームに対して先端部が回転支持部材を介して左右回動可能に支持された支持アームの後部側に、上下方向に作動する平行リンク、バネ及び上下移動範囲規制部材を介してインジェクタ2を支持する。本体フレームに、ゲージホイールを上下移動してインジェクタ2によるスラリーの圃場土中への施用深さを調節する上下調節支持装置及び作業を安定させるウエイトを備える。そして、インジェクタ2をトラクタにより牽引して家畜糞尿のようなスラリーを圃場地表から15cm付近までの浅層に施用するように設定し、スラリータンク24に収容されたスラリーをポンプ25を介してインジェクタ2に供給する移動経路にその流量を制御する絞り弁30aならびに変速装置26を設け、絞り弁30aならびに変速装置26をトラクタの走行、走行停止、走行速度に応じて制御する。またインジェクタ2が作業中に土中の障害物に当たって上方へ移動したときは、その上方へ移動する動作によりスラリーの流量を一時的に絞るように制御する。これにより、適正なスラリーの注入が行われてスラリーの圃場表面への露出が防止される。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2001-229358.gif
研究分野
  • 圃場作業用機械
  • 施肥法・肥効
展開可能なシーズ 浅層型スラリーインジェクタヘのスラリーの供給量を調整可能とし、浅層型スラリーインジェクタの作業でスラリーの圃場表面への露出を抑えることにより、スラリー施用に伴う臭気の抑制を図る。
スラリータンカやバキュームタンカからのスラリーの流量を制御し、適正なスラリーの注入が行われ、また、トラクタの走行、走行停止、走行速度に応じてスラリーの流量が制御され、スラリーの圃場表面への露出を防止することができる。
用途利用分野 スラリー流量制御装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構, . 澤村 篤, 住田 憲俊, 糸川 信弘, . 浅層型スラリーインジェクタで用いるスラリーの流量制御装置. 特開2003-038013. 2003-02-12
  • A01C  23/02     

PAGE TOP