TOP > 技術シーズ検索 > 生分解性生体高分子材料、その製造方法、およびこの高分子材料からなる機能性素材

生分解性生体高分子材料、その製造方法、およびこの高分子材料からなる機能性素材

シーズコード S100002240
掲載日 2010年10月7日
研究者
  • 塚田 益裕
  • 新居 孝之
技術名称 生分解性生体高分子材料、その製造方法、およびこの高分子材料からなる機能性素材
技術概要 家蚕由来の絹フィブロイン単独、野蚕由来の絹フィブロイン単独、家蚕由来の絹フィブロインと野蚕由来の絹フィブロインとの複合体、または家蚕由来の絹フィブロインおよび野蚕由来の絹フィブロインのいずれかと、キチンおよび羊毛ケラチンから選ばれる第二物質との複合体からなる生分解性生体高分子材料である。生分解性高分子材料は、繊維状、膜状、粉末状、ゲル状、または多孔質状の形態を持ち、プロテアーゼ、コラゲナーゼ及びキモトリプシンから選ばれた酵素により生分解するものである。家蚕由来の絹フィブロインの水溶液単独、野蚕由来の絹フィブロインの水溶液単独、家蚕由来の絹フィブロインの水溶液と野蚕由来の絹フィブロインの水溶液との混合水溶液、または家蚕由来の絹フィブロインの水溶液および野蚕由来の絹フィブロインの水溶液のいずれかと、キチンおよび羊毛ケラチンから選ばれる第二物質の水溶液との混合水溶液を基板上に塗布し、蒸発乾燥固化せしめて、膜状の生分解性生体高分子材料を製造する。ここで混合水溶液の場合は、それぞれの混合する水溶液同士を混合する際に、ゲル化、沈殿、凝固反応が起こらないように攪拌して均一に混合して調製する。
研究分野
  • 高分子材料一般
  • 製造工程とその装置
  • 養蚕一般
展開可能なシーズ 高分子基質としての作用性に優れた絹タンパク質からなる生分解性生体高分子材料およびこの絹タンパク質と特定の第二物質とをハイブリッド化したハイブリッド化生分解性生体高分子材料、それらの製造方法、ならびにこれらの生分解性生体高分子材料からなる金属イオン吸着材、有用物質の徐放性担体、生体細胞増殖基材および生分解性吸水性素材などの機能性素材を提供する。
家蚕または野蚕絹フィブロインに第二物質をハイブリッドすることにより、生体細胞の増殖率、有機高分子表面を被覆する被覆性能、皮膜の耐機械摩耗性能が向上する。生分解性生体高分子材料に、水溶性の医薬品や薬理成分などの有用物質を包括させ、徐放性材料として用いることができる。生体内に埋め込んでも比較的短時間で生分解するため、切開創部縫合、止血、骨固定、組織再生用足場、癒着防止などの用途に用いることができる。また、廃水中の金属イオンを吸着するための繊維素材としても有用である。吸水特性を有し、オムツや生理用品、廃泥ゲル化剤、土壌改質剤や保水剤などとして利用できる。
用途利用分野 徐放性材料、切開創部縫合、止血、骨固定、組織再生用足場、金属イオン吸着剤、吸水性樹脂
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構, . 塚田 益裕, 新居 孝之, . 生分解性生体高分子材料、その製造方法、およびこの高分子材料からなる機能性素材. 特開2004-018757. 2004-01-22
  • C08L  89/00     
  • C08L   1/02     
  • C08L   5/08     
  • C08L  29/04     
  • C08J   3/00     
  • C08J   9/28     
  • A61K   9/14     
  • A61K  47/32     
  • A61K  47/36     
  • A61K  47/38     
  • A61K  47/42     
  • A61L  31/00     
  • B01D  15/00     
  • B01J  20/24     
  • B01J  20/26     
  • C02F   1/28     
  • C09K   3/00     
  • C08L 101/16     

PAGE TOP