TOP > 技術シーズ検索 > プログラマブル計測汎用モジュール並びにそれらを用いた計測システム

プログラマブル計測汎用モジュール並びにそれらを用いた計測システム

シーズコード S100002242
掲載日 2010年10月7日
研究者
  • 平 藤 雅 之
  • 深 津 時 広
技術名称 プログラマブル計測汎用モジュール並びにそれらを用いた計測システム
技術概要 デジタルシンセサイザ11は、周波数合成回路で、内部にDAコンバータ、メモリとそれらを制御するCPU部があり、外部から指令される第1のプログラムで決められた波形の信号を出力し、乗算器12は2つの入力電圧値の積を電圧値として出力する。フィールド・プログラマブル・アナログ・アレイ(FPAA)13は、内部にオペアンプ、抵抗、コンデンサ、クロスバースイッチ機構による配線の切換スイッチ等の電子回路の基本素子を有し、それらの定数と結線を外部から指令される第2のプログラムで選択・変更できる。フィールド・プログラマブル・ゲート・アレイ(FPGA)14の内部のコンピュータ部14aは、デジタルシンセサイザ11、乗算器12、FPAA13も含め総てを制御する。即ち、デジタル信号バス16、17を介して夫々第1、第2のプログラムに対し指令する手段を備える。コンピュータ部14aは、さらに、デジタルシンセサイザ11、乗算器12、FPAA13、FPGA14からなるモジュールの4回路要素間の配線選択をプログラマブルなクロスバースイッチによって第3のプログラムにより組替える手段を備える。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2002-218968.gif
研究分野
  • 気象学一般
  • 土壌物理
展開可能なシーズ アンプ、ローパスフィルタ、非線形回路などの計測に必要となる煩雑なアナログ回路を比較的単純な回路の組み合わせで構成し、その構成をソフトウェア的に変更できるようにする。
インターネット等を介して遠隔地において計測を行う場合でも現地に赴かずに離れたところから回路調整をソフトウェア的に行うことができる。また、回路の一部が故障した場合には、故障部位を切り離して他の正常な回路部分を組み換えることで機能を維持することができる。
用途利用分野 通信回線、データ収集、乱数発生回路、農産物、土壌水分
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構, . 平 藤 雅 之, 深 津 時 広, . プログラマブル計測汎用モジュール並びにそれらを用いた計測システム. 特開2004-061251. 2004-02-26
  • G01W   1/02     
  • G01D  21/00     

PAGE TOP