TOP > 技術シーズ検索 > 溶接部の接合性に優れたベイナイト鋼レール

溶接部の接合性に優れたベイナイト鋼レール

シーズコード S100002328
掲載日 2010年10月7日
研究者
  • 横山 泰康
  • 山本 定弘
技術名称 溶接部の接合性に優れたベイナイト鋼レール
技術概要 重量%で、C:0.15~0.4%と、Si:0.1~0.2%と、Mn:0.15~1.1%と、P:0.035%以下と、S:0.035%以下と、Cr:0.05~0.45%と、Nb:0.005~0.15%と、Mo:0.05~0.85%とを含有し、Mn%/Si%≦5.5を満たし、残部が実質的にFe及び不可避的不純物からなるレール鋼である。この場合、レール頭部がベイナイト組織であり、レール頭頂部及び頭部コーナー部のいずれの位置においても均一な硬さ分布で、ビッカース硬度がHV230~320である。好ましくは、鋼成分として、質量%で更に、Ni:0.1~1%、又はV:0.01~0.2%を含有する。
展開可能なシーズ フラッシュバット溶接、ガス圧接といったレール溶接時の接合性を通常のパーライト型レール鋼と同等としたうえで、優れた耐転動疲労損傷性を有するベイナイト鋼レールを提供する。
鋼組成を特定することにより、溶接時の十分な接合性を確保し、かつ、優れた耐転動疲労損傷性を有するベイナイト鋼レールを得ることができる。
用途利用分野 鉄道用レール
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) JFEスチール株式会社, 公益財団法人鉄道総合技術研究所, . 横山 泰康, 山本 定弘, . 溶接部の接合性に優れたベイナイト鋼レール. 特開平11-092866. 1999-04-06
  • C22C  38/00     
  • B21B   1/08     
  • C21D   8/00     
  • C21D   9/04     
  • C22C  38/26     
  • C22C  38/48     
  • E01B   5/02     

PAGE TOP