TOP > 技術シーズ検索 > 立体ラーメン形式の高架橋構造

立体ラーメン形式の高架橋構造

シーズコード S100002344
掲載日 2010年10月7日
研究者
  • 涌井 一
  • 松本 信之
  • 加津 憲章
  • 山田 富夫
  • 井澤 衛
  • 金子 悦三
技術名称 立体ラーメン形式の高架橋構造
技術概要 柱部材としてのコンクリート充填鋼管柱3の下部を、場所打ち杭1の上部に一体に形成した合成鋼管杭2に定着させるとともに、橋軸方向に隣接するコンクリート充填鋼管柱3,3間に、縦桁部材としての中空断面又は開断面の鉄筋コンクリート梁4を架設する。好ましくは、更に、橋軸方向に対して直角方向に隣接するコンクリート充填鋼管柱3間に、横桁部材としての桁を設けて、縦桁部材としての中空断面又は開断面の桁と接続する。中空断面あるいは開断面の桁としては、例えば、中空断面又は開断面の鉄筋コンクリート桁、鋼部材を用いることにより、中空断面又は開断面に形成した鋼コンクリート合成桁等を適用することができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_1999-071599.gif
研究分野
  • 鉄道施設・建設一般
  • 橋梁工学一般
展開可能なシーズ 上部構造の重量を軽量化するとともに、下部構造の定着方法に特定の方法を採用すること等により、剪断破壊の抑制、高い靱性能の確保及び地中梁の省略を図ることができる立体ラーメン形式の高架橋構造を提供すること。
上部構造の軽量化を図ることができ、橋軸方向のスパンを長くすることができ、地中梁を省略できることと相俟って、工期を短縮化して建設コストを低廉化することができる。更に、直上高架化工事の実現、柱断面の縮減による高架下空間の有効利用が可能となる。
用途利用分野 道路高架橋、鉄道高架橋
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 公益財団法人鉄道総合技術研究所, 株式会社鴻池組, 株式会社横河住金ブリッジ, 新日鐵住金株式会社, . 涌井 一, 松本 信之, 加津 憲章, 山田 富夫, 井澤 衛, 金子 悦三, . 立体ラーメン形式の高架橋構造. 特開2000-265416. 2000-09-26
  • E01D   2/00     

PAGE TOP