TOP > 技術シーズ検索 > 鋼管柱とブレース部材の接合構造

鋼管柱とブレース部材の接合構造

シーズコード S100002349
掲載日 2010年10月7日
研究者
  • 平山 博巳
  • 高田 啓一
  • 一戸 康生
  • 福田 浩司
  • 蓮田 常雄
  • 武居 泰
技術名称 鋼管柱とブレース部材の接合構造
技術概要 この接合構造は、鋼管柱、例えば、角形鋼管柱2の架構面と平行な二側面11、及び架構面と垂直な片側の側面12を含む片側半周部分に、ブレース部材1の取付角度と同一角度で、架構面と垂直に突出する接合板13を溶接する。好ましくは、鋼管柱2を挟む両側の架構面について、鋼管柱2のほぼ同一の高さに、それぞれ接合板13を別個に溶接し、それぞれの架構面内に配置されるブレース部材1を接合する。またブレース部材1が制震補強部材の機能を有する。ブレース部材1の端部1aは、接合板13の端部13aと同一平面上にあり、そして更に、添接板15を介してボルト16により機械的に接合する。ブレース部材1の応力は、添接板15を介して接合板13の面内から鋼管柱2の側面11、12に伝達される。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_1999-238393.gif
研究分野
  • 接合部
  • 建築部分
展開可能なシーズ ブレース部材の端部を閉断面の鋼管柱に接合する場合において、短時間、低コストで容易に施工でき、十分な強度と剛性を有する接合構造を提供する。
柱部材を切断することなく、ブレース部材と鋼管柱との間での応力伝達がスムーズな接合構造が得られ、また既存構造物を使用しながらの工事、特に既存構造物を制震補強部材により補強鋼できる。
用途利用分野 鉄骨構造架構
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 公益財団法人鉄道総合技術研究所, 新日鐵住金株式会社, . 平山 博巳, 高田 啓一, 一戸 康生, 福田 浩司, 蓮田 常雄, 武居 泰, . 鋼管柱とブレース部材の接合構造. 特開2001-065064. 2001-03-13
  • E04B   1/58     

PAGE TOP