TOP > 技術シーズ検索 > 電車線検査装置

電車線検査装置

シーズコード S100002401
掲載日 2010年10月7日
研究者
  • 島田 健夫三
  • 佐藤 勇輔
  • 岩間 祐一
  • 中村 登
  • 飯国 元久
技術名称 電車線検査装置
技術概要 制御部3は、トロリ線Tの下方を走行部2に吊られて移動する。走行ローラ6は、左右の吊架線M上を転動するように、前後方向に離れて合計4つ設けられ、前後のものが夫々ローラ駆動モータ8により独立して回転する。フック部7は、フック駆動モータ9により、支持アーム4に対して係合、離脱動作する。支持アーム4は、起立状態において左右の吊架線Mの外側に左右対向して位置するように、左右夫々装置の進行方向に3つ、合計6つが相互間隔をおいて設けられる。支持アーム4は、吊架線Mの外側に垂直に起立し、また吊架線Mの外方に水平に転倒するように、下端部において制御部3に枢着される。支持アーム4は、アーム駆動モータ10により起立、転倒動作する。起立位置において、上部の係合部4aが走行部2のフック部7に係合し、転倒位置において、進路を横断する障害物を回避するように構成される。支持アーム4の係合部4aは、こ軸方向に長い長孔である。フックピン11は、基端において走行部2のベース5に起立、転倒自在に連結され、リンク12を介して駆動モータ9の正逆回転により起立、転倒動作する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2000-127247.gif
研究分野
  • 鉄道車両用機器
  • 線路構造,軌道材料
  • 保線,鉄道防災
展開可能なシーズ 予想されるあらゆる障害物を支障なく回避し、しかも安定的に自走することができ、検査を迅速に実行することができる電車線検査装置を提供する。
支持アームは、起立位置において、上部の係合部が走行部のフック部に係合し、転倒位置において、進路を横断する障害物を回避するように構成する。このため、予想されるあらゆる障害物を支障なく回避し、しかも安定的に自走し、検査を迅速に実行することが可能となる。
用途利用分野 走行ローラ、光学的検知装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) (財)鉄道総合技術研究所, 三和テッキ(株), . 島田 健夫三, 佐藤 勇輔, 岩間 祐一, 中村 登, 飯国 元久, . 電車線検査装置. 特開2001-310656. 2001-11-06
  • B60M   1/28     
  • B60M   1/13     

PAGE TOP