TOP > 技術シーズ検索 > 電気車における交流電流式自動離線測定装置

電気車における交流電流式自動離線測定装置

シーズコード S100002442
掲載日 2010年10月7日
研究者
  • 福谷 隆宏
技術名称 電気車における交流電流式自動離線測定装置
技術概要 パンタグラフの電流に基づく離線信号Iの検出を行い、次に、電気車主変圧器電流の実効値Iの測定を行う。ここで、Iは最小電流である。次に、電流差回路11により電流差の判定を行い、次いで、最小電流による判定回路12により最小電流による判定を行う。更に、電流減少による判定回路13により電流減少による判定を行い、続いて、電流増加による判定回路14により電流増加による判定を行う。そして、最小電流による判定回路12と電流減少による判定回路13と電流増加による判定回路14の出力信号の論理積を第1の論理積回路15により出力する。続いて、連続性の判定回路16により連続性の判定を行う。最後に、連続性の判定回路16と離線信号Iとの論理積を第2の論理積回路17から入手し、誤動作を抑止した離線出力を得る。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2000-375448.gif
研究分野
  • 鉄道車両用機器
展開可能なシーズ 交流電流式自動離線測定装置の電流変化時における誤動作出力を抑止し、信頼性の向上を図ることができる電気車における交流電流式自動離線測定装置を提供する。
最小電流による判定情報、電流減少による判定情報、及び電流増加による判定情報との相互関係により、電流急変時における誤動作出力の可能性の有無を判定し、相互関係による判定手段の出力の連続性の判定手段と連続性の判定情報に基づいて離線信号の出力を制御することにより、電気車主変圧器電流の実効値を監視するだけで、電気車における交流電流式自動離線測定装置の電流急変時における誤動作出力を抑止することができる。
用途利用分野 交流電流式離線検出装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) (財)鉄道総合技術研究所, . 福谷 隆宏, . 電気車における交流電流式自動離線測定装置. 特開2002-176701. 2002-06-21
  • B60L   3/00     
  • G01R  31/02     

PAGE TOP