TOP > 技術シーズ検索 > 列車検知管理システム及び在線列車情報管理方法並びに在線列車情報再立上げ方法

列車検知管理システム及び在線列車情報管理方法並びに在線列車情報再立上げ方法

シーズコード S100002461
掲載日 2010年10月7日
研究者
  • 西堀 典幸
  • 佐々木 達也
  • 平栗 滋人
  • 平尾 裕司
  • 河内 弘一
  • 笠井 貴之
  • 日高 康子
技術名称 列車検知管理システム及び在線列車情報管理方法並びに在線列車情報再立上げ方法
技術概要 列車検知装置1は、各ブロックの境界の質問器Qa1~Qa4、Qb1、Qb2、…が受信した地上応答器Ga1~Ga4、Gb1、Gb2、…又は車上応答器Vからの応答信号を取り込んで進行方向前方のブロックへの列車3の進入を検知する。そして、列車進出の検知方式を実行して進行方向後方のブロックからの列車3の進出を検知し、在線列車情報を作成し、在線列車情報も含む各ブロックの在線情報を管理し、この情報を外部装置4に送出する。そこで、複数の質問器Qa1~Qa4に対して列車検知装置1aが接続され、他の複数の質問器Qb1、Qb2、…に対して他の列車検知装置1bが接続される。さらに、ネットワークNWは、各ブロックA1~A3、B1、B2、…を検知対象として連続する複数のブロックA1~A3、B1~B3毎に設けられた各列車検知装置1a、1bを双方向に通信可能に接続する、例えば、光ファイバケーブル等の通信ケーブルからなる。そして、このネットワークNWを介して、各列車検知装置1a、1b間で質問器Qで得た列車3の進入、進出検知の情報を送受信する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2001-057433.gif
研究分野
  • 鉄道車両用機器
  • 線路構造,軌道材料
  • 信号,保安
展開可能なシーズ 複数のブロック毎に設けられた各列車検知装置をネットワークで接続し、列車の進入、進出及び在線、非在線の情報を互いに送受信することによって、ブロック単位での連続的な在線管理を実現し、在線列車情報も含む在線情報を外部装置へ出力する列車検知管理システム及び在線列車情報管理方法並びに在線列車情報再立上げ方法を提供する。
列車の進入・進出の情報をブロック単位で得て、ブロック単位での連続的な在線管理を実現することができる。したがって、従来の軌道回路を用いる必要が無くなり、大容量の電源設備が不要となる。特に、駅間など広範囲な区間の列車の在線を検知するものとして長大軌道回路を用いる必要が無く、電源設備の省力化の面で効果が大きい。
用途利用分野 列車検知装置、質問器
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 公益財団法人鉄道総合技術研究所, 日本信号株式会社, . 西堀 典幸, 佐々木 達也, 平栗 滋人, 平尾 裕司, 河内 弘一, 笠井 貴之, 日▲高▼ 康子, . 列車検知管理システム. 特開2002-255033. 2002-09-11
  • B61L   3/12     

PAGE TOP