TOP > 技術シーズ検索 > 変更入換計画作成情報、記憶媒体及び変更入換計画作成システム

変更入換計画作成情報、記憶媒体及び変更入換計画作成システム

シーズコード S100002484
掲載日 2010年10月7日
研究者
  • 富井 規雄
  • 周 利剣
技術名称 変更入換計画作成情報、記憶媒体及び変更入換計画作成システム
技術概要 変更入換計画事例DB33には、過去に実施された、運行に矛盾のない変更入換計画のデータが蓄積して格納されている。基本入換計画DB34は、例えば、ダイヤ改正によって作成された基本入換計画に関するデータが格納される。入力部35には、例えば、キーボードなどで構成され、オペレータによって入力される臨時列車の運転データなどをCPU30へ出力する。表示部36は、変更入換計画作成システムの動作に必要なデータや動作結果を表示する。CPU30は、変更入換計画作成処理を実行して、臨時列車運転データ記憶領域311に記憶される臨時列車の運転データに基づいて、所定の検索条件により変更入換計画事例DB33より事例データを検索し、新規変更入換計画を決定する。また、CPU30が変更入換計画作成処理を実行する過程で読み出して実行する変更入換計画判別処理は、臨時列車運転データ記憶領域311に記憶される臨時列車の運転データと、類似事例データ記憶領域312に記憶される事例データとに基づいて、新規変更入換計画を仮作成し、矛盾の有無を判別する。なお、CPU30が変更入換計画判別処理を実行する過程で読み出して実行する基本入換計画作成処理は、仮作成された新規変更入換計画の矛盾を修正する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2001-267544.gif
研究分野
  • 輸送と業務
展開可能なシーズ 変更入換計画を人手によらず、変更入換計画を自動的に作成するための変更入換計画作成情報、変更入換計画作成情報を記憶する記憶媒体、および変更入換計画作成システムを提供する。
臨時列車の運行に対する変更入換計画の作成を人手によらず、自動的に作成することができ、変更入換計画を作成するための労力が軽減される。
用途利用分野 CPU、基本入換計画データーベース
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 財団法人鉄道総合技術研究所, 株式会社ジェイアール総研情報システム, . 富井 規雄, 周 利剣, . 変更入換計画作成プログラム、記憶媒体及び変更入換計画作成システム. 特開2003-072555. 2003-03-12
  • B61L  27/00     
  • G06Q  50/00     

PAGE TOP