TOP > 技術シーズ検索 > 高温超電導バルク材製超電導磁石及びその製造方法

高温超電導バルク材製超電導磁石及びその製造方法

シーズコード S100002517
掲載日 2010年10月7日
研究者
  • 富田 優
  • 村上 雅人
技術名称 高温超電導バルク材製超電導磁石及びその製造方法
技術概要 高温超電導バルク材製超電導磁石は、円盤状に育成した高温超電導バルク材に人工貫通孔を穿設し、この人工孔に両端を蛸足状に割り開いた熱伝導用金属線(アルミニウム線)を挿入した後、人工孔部を含むバルク材の全体に低融点金属の含浸処理を施して得たものである。育成した高温超電導バルク材には多数の微小クラックや気孔(ボイド)が存在しているので、減圧雰囲気下等で低融点金属の含浸処理を施すと低融点金属はこれらの微小クラックや気孔に含浸すると共に、人工孔やバルク材の表面を埋め尽くし、熱伝導用金属線を密着一体化して固化する。従って、バルク材の着磁時に発生する局部熱はこれら低融点金属の含浸部を通して人工孔内に充填された金属部へ速やかに移動し、熱伝導用金属線を通してバルク材の表面を覆う低融点金属の被覆層に伝達され、外部に排除される。そのため、バルク体の局部温度が上昇してクェンチに至る現象が効果的に阻止される。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2002-171336.gif
研究分野
  • 超伝導磁石
展開可能なシーズ 容易にかつ安定して高い磁場を捕捉することができる高温超電導バルク材製超電導磁石を提供する。
比較的短い処理時間でもって能率良く高い捕捉磁場を確保することができる高温超電導バルク材製超電導磁石を安定に提供することができる。
用途利用分野 超電導磁石、磁気浮上列車,フライホイ-ル電力貯蔵用超電導軸受,磁気分離装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 公益財団法人鉄道総合技術研究所, . 富田 優, 村上 雅人, . 高温超電導バルク材製超電導磁石及びその製造方法. 特開2004-022576. 2004-01-22
  • H01F   6/00     
  • H01B  13/00     

PAGE TOP