TOP > 技術シーズ検索 > 流体循環装置

流体循環装置

シーズコード S100002590
掲載日 2010年11月4日
研究者
  • 梅津 光生
  • 岩崎 清隆
技術名称 流体循環装置
技術概要 流体循環装置10は、拍動流を生成する駆動ポンプ12と、この駆動ポンプの流出口19A及び流入口20A間に配置された循環流路13とを備え、駆動ポンプの作動により、循環流路内の流体を循環させる装置10であって、循環流路は、流体に流れ抵抗を付与する抵抗付与手段23と、この抵抗付与手段の下流側に配置されて流体の脈圧を減衰させる脈圧減衰手段と、抵抗付与手段の上流側で脈圧の振幅調整をする振幅調整手段とを備え、生体内の血液の循環に擬似した状態で流体が循環する。より詳しく説明すると、この流体循環装置10は、公知の吸送気装置11と、この吸送気装置11に繋がるポリウレタン製の駆動ポンプ12と、この駆動ポンプ12から吐出した血液が駆動ポンプ12に戻るように配置された閉ループ状の循環流路13とを備えて構成されている。吸送気装置11は、駆動ポンプ12に対して吸送気可能に設けられた公知の構造を備えたものである。駆動ポンプ12は、その内部に収容された血液に対し流れの停滞域を発生させ難い構造を備えた拍動流ポンプであり、吸送気装置11の作動により循環流路13内に血液の拍動流を生成できるようになっている。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2002-167836.gif
研究分野
  • 医療用機器装置
  • 生体代行装置
展開可能なシーズ 血液循環の擬似用、及び血液適合性の調査用流体循環装置を提供する。
生体内の血液の循環状況に擬似した装置で人工臓器や素材材料の血液適合性を調べることができ、動物実験を行わなくても、若しくは、動物実験の回数を従来より減らしても、人工臓器や素材材料の血液適合性の評価等を簡単且つ確実に行うことができる。
用途利用分野 生体内血液循環状況、人工臓器血液適合性調査、素材材料血液適合性調査
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 早稲田大学, . 梅津 光生, 岩崎 清隆, . 流体循環装置. 特開2004-008586. 2004-01-15
  • A61M   1/10     
  • A61M   1/36     

PAGE TOP