TOP > 技術シーズ検索 > Fischer-Tropsch合成用触媒の調製方法

Fischer-Tropsch合成用触媒の調製方法

シーズコード S100002648
掲載日 2010年11月5日
研究者
  • 山田 宗慶
  • 小泉 直人
  • 望月 剛久
技術名称 Fischer-Tropsch合成用触媒の調製方法
技術概要 Fischer-Tropsch合成用触媒の調製方法は、コバルト化合物とニトリロ三酢酸、トランス-1,2-シクロヘキサジアミン-N,N,N’,N’-四酢酸、及びエチレンジアミン四酢酸からなる群から選択される少なくとも1種のキレート剤とを溶媒に溶解して、コバルトを含むキレート錯体を含有するpH8~11の溶液を調製する工程、溶液を、担体としてのシリカに含浸させる工程、溶液が含浸されたシリカを乾燥する工程、及び乾燥後のシリカを焼成して、コバルトの酸化物を担持させる工程を具備する調製方法である。実施形態にかかる調製方法は、キレート錯体を含有する溶液を担体としてのシリカに含浸させた後、乾燥、焼成といった工程がなされる。担体として用いられるシリカの比表面積、細孔容積、及び平均細孔径は、特に限定されないが、比表面積が100m/g以上、細孔容積が0.5mL/g以上、平均細孔径が10nm以上であることが望ましい。こうした条件を満たしたシリカは、一酸化炭素の水素化反応を行なうための触媒を調製する為に好適である。シリカは、溶液を含浸させる前に、空気中500~600℃で焼成して、内部の不純物を除去しておく。
研究分野
  • 貴金属触媒
  • 触媒
  • 触媒の調製
展開可能なシーズ 非石油系炭素資源由来の合成ガスから炭化水素を合成する場合に使用する触媒の調製方法を提供する。
CO転化率が大きく高い活性を示すFischer-Tropsch合成用触媒を調製する方法が提供される。
用途利用分野 天然ガス由来合成ガス用触媒、バイオマス由来合成ガス用触媒、石炭由来合成ガス用触媒
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人東北大学, . 山田 宗慶, 小泉 直人, 望月 剛久, . Fischer-Tropsch合成用触媒の調製方法. 特開2005-046742. 2005-02-24
  • B01J  23/75     

PAGE TOP