TOP > 技術シーズ検索 > センサレス磁気浮上装置

センサレス磁気浮上装置

シーズコード S100002650
掲載日 2010年11月5日
研究者
  • 吉田 俊哉
技術名称 センサレス磁気浮上装置
技術概要 このセンサレス磁気浮上装置は、一対の電磁石の吸引力または反発力を利用して、磁性体をこの一対の電磁石の間に非接触で保持する装置において、一対の電磁石のそれぞれの巻線を直列に接続した直列回路と2端子回路網を直列に接続した直列回路とを並列に接続したブリッジ回路と、このブリッジ回路に給電するインバータ回路とを有す。更に、このセンサレス磁気浮上装置は、2つの直列回路の接続点間に接続された電流または電圧を検出する検出器13と、この検出器からの検出出力に基づいて磁性体の位置を検出する位置検出手段と、この位置検出手段による検出結果からインバータ回路を制御して磁性体を所要の位置に制御する制御手段とで構成されている。ここで、ブリッジ回路は、一対の電磁石の巻線9,10と2つの二端子回路11,12で構成し、インバータ回路Xをそのブリッジ回路の電源としている。インバータ回路Xは、逆導通ダイオードを備えたスイッチング素子4a,4bと直流電源5a,5b(共に同電圧)で構成されている。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2001-046697.gif
研究分野
  • 電磁機器
  • 軸受
  • 電気量制御
展開可能なシーズ 制御回路、電磁石、浮上対象物の全てを考慮することなく設計が可能である上、簡単化、低価格化がなされたセンサレス磁気浮上装置を提供する。
制御回路に汎用性を持たせることができるので、制御回路と磁気回路を別個に設計し、別個に提供することができる。そのため、磁気浮上装置の簡素化、低価格化が可能である。
用途利用分野 磁気浮上装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人東京電機大学, 株式会社荏原製作所, . 吉田 俊哉, . センサレス磁気浮上装置. 特開2002-031134. 2002-01-31
  • F16C  32/04     
  • G05D   3/12     
  • H02N  15/00     

PAGE TOP