TOP > 技術シーズ検索 > 飛翔ロボット

飛翔ロボット

シーズコード S100002665
掲載日 2010年11月5日
研究者
  • 堀内 敏行
  • 兒玉 諭
  • 近藤 明子
技術名称 飛翔ロボット
技術概要 飛翔ロボット1にその一部または端を認知するためのマーカー物体4a,4b,4c,4dを取り付け、マーカー物体4a,4b,4c,4dを含めて飛翔ロボット1の周囲を観察するカメラ3を搭載し、カメラ画像を映すモニタ画面内に、マーカー物体4a,4b,4c,4dの少なくとも一部が観察景色の前景として入るようにする。また、マーカー物体4a,4b,4c,4dを発光体とする。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2004-201188.gif
研究分野
  • 産業用ロボット
  • ロボットの運動・制御
  • 図形・画像処理一般
展開可能なシーズ 人間が直接見なくても、人間が入れない狭い場所や人間が入ると危害が及ぶことが予想される場所の周囲の状況を認識でき、自在に場所や空間姿勢を操縦制御できる飛翔ロボットを提供する。
飛翔ロボットの周囲を映すカメラ映像を、常に該飛翔ロボットの一部または端を認知できるマーカー物体とともに見ながら操縦できるので、操縦は容易であり、周囲の様子を見ながら位置や姿勢を制御することができる。対物距離センサ、方位角センサ、高さセンサなど、位置、姿勢制御用の別の機器や素子を必ずしも設けなくてもよい。
用途利用分野 飛翔ロボツト
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人東京電機大学, . 堀内 敏行, 兒玉 諭, 近藤 明子, . 飛翔ロボット. 特開2005-349556. 2005-12-22
  • B25J   5/00     
  • B25J  13/08     
  • B64C  27/04     
  • A63H  27/133    

PAGE TOP