TOP > 技術シーズ検索 > 低高度飛行経路の作成方法および装置

低高度飛行経路の作成方法および装置

シーズコード S100002675
掲載日 2010年11月5日
研究者
  • 藤本 直
  • 國頭 聖
技術名称 低高度飛行経路の作成方法および装置
技術概要 低高度飛行経路作成装置1は、3次元低高度飛行経路を個別に生成する個別経路作成手段2と、生成された多数の低高度飛行経路を統合してデータベース化し、経路データベース8を作成する経路データベース生成手段3とに大別される。飛行経路の出発地点、到達地点および経由地点となる複数のウエイポイントをウエイポイント設定手段4によって設定する。制限される各種の条件および地図データに基づいて、連続的な稜線および谷間を検索し、対地クリアランスを満足し、かつ航空機の機動能力を満足する垂直方向の飛行可能領域を算出する。ウエイポイント間を接続する垂直方向の上昇、下降の空間的位置及び軌道を定義したウエイポイント間経路を求める。これらを簡略化し、旋回の空間的位置及び軌道を定義した水平方向のウエイポイント間経路を個別経路生成手段5によって求める。水平および垂直方向の経路で接続する接続経路を接続経路生成手段6によって求める。各複数のウエイポイント間経路および接続経路を選択的に接続して、出発地点と到達地点とを結ぶ3次元飛行計画経路を作成する。実飛行可能で常に最適な飛行計画経路を高い応答性で作成することができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2001-328004.gif
研究分野
  • 航空機
  • 運航技術
展開可能なシーズ 航空機の機動能力を考慮して頻繁な各種の飛行経路の変更要因に対して、常に最適な飛行経路を高い応答性で作成することができるようにした低高度飛行経路の作成方法および装置を提供する。
複数のウエイポイントを設定し、航空機の機動能力を考慮して複数のウエイポイント間経路を求め、さらに複数の接続経路を求めておき、各種の飛行経路の変更要因に対して最適な各複数のウエイポイント間経路を選択的に接続して、出発地点と到達地点とを結ぶ3次元飛行計画経路を各々演算手段および出力手段によって作成するので、実飛行可能で常に最適な飛行計画経路を高い応答性で作成できる。
用途利用分野 航空機、航行支援
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 防衛装備庁長官, 川崎重工業株式会社, . 藤本 直, 國頭 聖, . 低高度飛行経路の作成方法および装置. 特開2003-130675. 2003-05-08
  • G01C  21/00     
  • B64D  43/00     
  • G08G   5/00     

PAGE TOP