TOP > 技術シーズ検索 > スクリーニング用溶液の作製方法及び装置

スクリーニング用溶液の作製方法及び装置

シーズコード S100002702
掲載日 2010年11月5日
研究者
  • 森本 幸生
  • 阿部 真琴
  • 鈴木 雅洋
  • 梅名 泰史
技術名称 スクリーニング用溶液の作製方法及び装置
技術概要 スクリーニング用溶液の作製装置は、下限溶液収容タンク111~11n及び上限溶液収容タンク121~12nとミキサー3、それらを連通する導出チューブ511~51n及び521~52nを備える。導出チューブの途中には、それぞれ流量調節ポンプ211~21n及び221~22nが配設され、ミキサー3の下流側にはフラクションコレクター4が接続され、各流量調節ポンプ211~21n及び221~22nの流量調節部には、制御部6が接続される。フラクションコレクター4は、分注ノズル41と複数のウェル42wを有する受け皿42とを備える。最適条件のスクリーニング溶液作製には、タンク対111及び121~タンク対11n及び12nの順により高い順位の特性調製用の原料溶液を収容しておき、制御部に設定されたプログラムに従って、まずポンプ211及び221の流量を調節してタンク対111及び121の溶液を連続的に混合し、ミキサー3に供給する。混合溶液はフラクションコレクター4に送られ、最後のタンク対まで繰り返されて、複数ウェル42wに分注された複数の溶液は、第1順位から第n順位の特性までのマトリクス状組み合わせを有するものとなる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2003-308422.gif
研究分野
  • 生体物質一般
  • 化学装置一般
  • 分析試薬
展開可能なシーズ 複数の特性の最適な組み合わせを効率的に選択できるスクリーニング用溶液の作製方法及び装置を提供する。
生体高分子を結晶化するために適用すれば、複数溶媒の特性の最適な組み合わせを効率的に選択でき、生体高分子結晶化最適溶液のスクリーニングができる。
用途利用分野 スクリーニング用溶液の作製装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人京都大学, . 森本 幸生, 阿部 真琴, 鈴木 雅洋, 梅名 泰史, . スクリーニング用溶液の作製方法及び装置. 特開2005-077255. 2005-03-24
  • G01N  33/68     
  • B01D   9/02     
  • G01N   1/28     

PAGE TOP