TOP > 技術シーズ検索 > 軸不斉を有する光学活性アミノ酸誘導体及び該アミノ酸誘導体を不斉触媒として用いる光学活性化合物の製造方法

軸不斉を有する光学活性アミノ酸誘導体及び該アミノ酸誘導体を不斉触媒として用いる光学活性化合物の製造方法

シーズコード S100002708
掲載日 2010年11月5日
研究者
  • 丸岡 啓二
技術名称 軸不斉を有する光学活性アミノ酸誘導体及び該アミノ酸誘導体を不斉触媒として用いる光学活性化合物の製造方法
技術概要 式(I)(式中、Rは水素原子、(置換)アリール基、(置換)ヘテロアリール基または-COで表される基を示し、RおよびRは水素原子、ハロゲン原子または低級アルキル基、低級アルコキシ基を示す。)で表される光学活性化合物またはその塩である。この化合物またはその塩を含有する不斉触媒は、不斉アルドール反応、不斉マンニッヒ型反応、不斉ハロゲン化反応または不斉マイケル反応に用いられ、特に、式2で表される不斉直接アルドール反応または式3で表される不斉O-ニトロソアルドール反応の触媒として有用である。軸不斉源としてビナフチル構造を有するアミノ酸誘導体が不斉アルドール反応の優れた非金属不斉触媒となる。この化合物の合成法の1例を製法1に示す。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2004-333798_1.gif thum_2004-333798_2.gif thum_2004-333798_3.gif thum_2004-333798_4.gif
研究分野
  • 各種有機化合物の製造
  • 有機化学反応一般
展開可能なシーズ 高収率かつ高立体選択的な不斉アルドール反応を達成し得る非金属の新規不斉触媒を開発し、不斉触媒を用いた不斉アルドール反応により、医薬、農薬、高機能性材料等の合成中間体として有用な光学活性化合物の有利な製造方法を提供する。
この不斉触媒は非金属であるため環境に優しく、金属廃液の処理等をする必要がないので、コスト的に有利である。さらに非金属であるため、触媒活性が安定しており、回収再利用も容易に行うことができる。
用途利用分野 不斉アルドール反応触媒
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人京都大学, . 丸岡 啓二, . 軸不斉を有する光学活性アミノ酸誘導体及び該アミノ酸誘導体を不斉触媒として用いる光学活性化合物の製造方法. 特開2006-143627. 2006-06-08
  • C07D 223/14     
  • B01J  31/02     
  • C07C 201/12     
  • C07C 205/45     

PAGE TOP