TOP > 技術シーズ検索 > NMRシグナル帰属支援システム

NMRシグナル帰属支援システム

シーズコード S100002729
掲載日 2010年11月5日
研究者
  • 稲垣 冬彦
  • 横地 政志
技術名称 NMRシグナル帰属支援システム
技術概要 アミノ酸配列読み込み指示入力手段がアミノ酸配列の、スペクトル読み込み指示入力手段が2次元及び3次元スペクトルの、それぞれ読み込みを指示する。3次元スペクトル表示手段は、2次元スペクトルのピークが指定されることで、対応する複数の3次元スペクトルを表示する。ボンド・コネクティビティ指示入力手段は、2次元スペクトル又は3次元スペクトルを用いてピークが帰属するボンド・コネクティビティを関連づける。原子型指示入力手段は、ボンド・コネクティビティの原子型を指示する。クラスタ表示手段は、ボンド・コネクティビティの一意に連続したものをまとめてクラスタとし、アミノ酸配列の候補と作成されたクラスタとを、両者の関連性の確率を計算し、対応させて表示する。クラスタ帰属指示入力手段は、表示されたアミノ酸配列の候補と、クラスタの両者を関連づけるクラスタ帰属指示を入力する。クラスタ帰属指示入力手段は、クラスタに含まれないピークをフラグメントとして検出し、アミノ酸配列の候補と対応させて表示する。フラグメント帰属指示入力手段は、両者を関連づけるフラグメントの帰属の指示を入力する。
研究分野
  • 遺伝学研究法
  • 分子構造
  • NMR一般
展開可能なシーズ NMRシグナルの正確な帰属を行うための支援システムを提供する。
主鎖帰属は1-3日へ、構造決定も2ヵ月程度に短縮することができる。初心者でも、熟練者同様に確度の高い帰属と精度の高い構造解析を行うことができる。
用途利用分野 タンパク質立体構造解析、NMRシグナル帰属
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人 北海道大学, . 稲垣 冬彦, 横地 政志, . NMRシグナル帰属支援システム. 特開2003-139832. 2003-05-14
  • G01R  33/32     
  • G06T  17/40     

PAGE TOP