TOP > 技術シーズ検索 > 関心度推定装置

関心度推定装置

シーズコード S100002799
掲載日 2010年11月5日
研究者
  • 足立 佳久
  • 松本 吉央
  • 小笠原 司
技術名称 関心度推定装置
技術概要 関心度推定装置は、搭乗型移動体の搭乗者が周囲の物体のうちどの物体に関心を有しているかを推定する装置であって、搭乗型移動体が移動する空間内に配置された物体と物体の位置とが関連付けられた空間の地図を記憶する地図記憶手段201と、搭乗型移動体の空間内での現在位置を検出する位置検出手段102と、空間内における搭乗者の視線方向を検出する視線方向検出手段101とを備える。さらにこの装置は、位置検出手段102によって検出された搭乗型移動体の現在位置と視線方向検出手段によって検出された視線方向EDと、視線方向上にある物体とを基に、搭乗者が注視している位置である注視点CPを特定し、注視点における注視の程度を示す注視度を算出する注視度算出手段104とを備え、注視度算出手段は、搭乗者が同一箇所を注視した場合、時間が経過するにつれて注視度の値が減少する関数を用いて注視度を算出する。この構成によれば、同一箇所を注視した場合、その箇所に対する関心度は時間が経過するにつれて低くなるという人間の特性を加味して注視度が算出されるため、搭乗者が現在関心を有している物体をより正確に推定することができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2003-174479.gif
研究分野
  • 医用画像処理
  • 撮像・録画装置
  • 生体計測
展開可能なシーズ 搭乗者の視線に基づいて、搭乗者の注視の程度を示す注視度を算出し、搭乗者が関心を有している物体を推定する関心度推定装置を提供する。
搭乗型移動体の搭乗者の視線及び搭乗型移動体の空間内での現在位置が検出され、検出された視線、現在位置及び地図に基づいて、搭乗者が注視する注視点が特定されるとともに、注視点への搭乗者の注視度が算出されるため、搭乗者が搭乗型移動体の周囲のどの物体に関心を有しているかを知ることができる。
用途利用分野 電動車椅子搭乗者視線検出、自動車搭乗者視線検出
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人 奈良先端科学技術大学院大学, . 足立 佳久, 松本 吉央, 小笠原 司, . 関心度推定装置. 特開2005-006897. 2005-01-13
  • A61B   3/113    
  • G01B  11/00     
  • G01C  21/00     
  • G08G   1/005    
  • G09B  19/16     
  • G09B  29/00     
  • G09B  29/10     
  • G06F   3/033    

PAGE TOP