TOP > 技術シーズ検索 > CNF樹脂複合材

CNF樹脂複合材

シーズコード S100002814
掲載日 2010年11月5日
研究者
  • 荒井 政大
  • 遠藤 守信
  • 杉本 公一
技術名称 CNF樹脂複合材
技術概要 樹脂のマトリックス材に、実質的に平行な円筒側面を持つ炭素網の筒を多層重ねた形態を持つ同軸平行多層カーボンナノファイバと、底のないカップ形状をなす炭素網層を同軸に多数積層した形態を持つカップ積層型カーボンナノファイバとが分散した構造を有するCNF樹脂複合材である。同軸平行多層カーボンナノファイバは、繊維径が100~200ナノメートル、繊維長が10~20ミクロンである気相成長炭素繊維で、同軸平行多層カーボンナノファイバは、繊維径が100~200ナノメートル、繊維長が10~20ミクロンである気相成長炭素繊維である。配合総量は、複合材の全重量に対して10重量部以上40重量部以下である。樹脂は、ポリプロピレンまたはポリエーテルエーテルケトンである。
研究分野
  • 高分子材料一般
  • 製造工程とその装置
展開可能なシーズ 強度、弾性率および熱伝導性のバランスがとれたCNF樹脂複合材を提供する。
CNFをフィラ材としてマトリックス材である樹脂と複合させた樹脂複合材は、導電性プラスチックの他、航空宇宙用構造材あるいはスポーツ用具等の高強度プラスチックとしての応用が期待されている。
用途利用分野 CNF樹脂複合材
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人信州大学, . 荒井 政大, 遠藤 守信, 杉本 公一, . CNF樹脂複合材. 特開2006-111748. 2006-04-27
  • C08L 101/00     
  • C08K   3/04     
  • C08L  23/12     
  • C08L  71/00     

PAGE TOP