TOP > 技術シーズ検索 > 周波数変調レーダー装置

周波数変調レーダー装置

シーズコード S100002884
掲載日 2010年11月5日
研究者
  • 荒井 郁男
技術名称 周波数変調レーダー装置
技術概要 周波数変調レーダー装置は、電圧v0からvNの範囲で変位する三角波形状の変調信号1aを発生する変調器1と、変調信号1aにより周波数変調されたFM信号2aを生成して出力する電圧制御発振器2と、FM信号2aを送信信号etと基準信号elとに分配する電力分配器3とを有する。送信信号etを送信する送信アンテナ4と、送信信号etの物標18で反射された信号を受信して受信信号erを出力する受信アンテナ5と、基準信号elと受信信号erとを混合する混合器6と、この混合器6の出力6aのうち高周波成分を除去してビート信号7aを出力する低域通過フィルタ7と、ビート信号7aをデジタル信号に変換してデジタルビート信号Sを出力するA/D変換器8と、ROM及びRAMを内蔵し、デジタルビート信号Sを処理して物標18までの距離を計算するCPU11とを備える。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2004-182113.gif
研究分野
  • レーダ
  • 電子回路一般
  • 長さ,面積,断面,体積,容積,角度の計測法・機器
展開可能なシーズ 物標が近距離にあり、周波数変調の掃引時間内にビート信号が1サイクル以上入るとの必要条件を満たさない場合でも、周波数変調の帯域幅を拡大することなく物標までの距離が計測できる周波数変調レーダー装置を提供する。
物標反射波によるビート信号が送信角周波数に対して2次微分方程式で表現されることを利用して物標までの距離を算出するので、既存の周波数変調レーダー装置のようにフーリエ変換をする必要がなく、物標が近距離にある場合でも、周波数変調の帯域幅を拡大することなく物標までの距離を計測することができる。
用途利用分野 近距離物標距離計測
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人電気通信大学, . 荒井 郁男, . 周波数変調レーダー装置. 特開2006-003289. 2006-01-05
  • G01S  13/34     

PAGE TOP