TOP > 技術シーズ検索 > 磁性砥粒及びその製造方法

磁性砥粒及びその製造方法

シーズコード S100002993
掲載日 2010年11月5日
研究者
  • 吉原 佐知雄
  • 張 延栄
技術名称 磁性砥粒及びその製造方法
技術概要 活性炭粒子上に磁性を有する含ニッケル無電解めっき層が形成されている磁性砥粒である。この磁性砥粒は、活性炭粒子をNiSO4/ピコリン酸溶液に浸漬した後、この活性炭粒子を不活性雰囲気下にて加熱乾燥して、活性炭粒子に付着したピコリン酸とニッケルのキレート化アニオンをニッケル金属に還元すると共にピコリン酸を炭化させて、活性炭粒子上にニッケル金属元素を形成して、活性炭粒子の活性化を行い、次いで、含ニッケル無電解めっきを行うことにより製造できる。含ニッケル無電解めっき層が、無電解ニッケル-ボロンめっき層、又は無電解ニッケル-ボロン-ダイアモンド複合体めっき層である。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2004-372950.gif
研究分野
  • 研削・研摩材
  • 磁性一般
展開可能なシーズ 精密な表面加工を可能にする軽量でかつ研磨性能に優れた安価な磁性砥粒及びその製造方法を提供する。
この磁性砥粒を用いて磁気研磨法による精密研磨を行うことができる。このため、被加工物の表面の精密加工が可能となると共に、複雑な形状を有する被加工物を容易に加工することができる。
用途利用分野 磁性砥粒
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人宇都宮大学, . 吉原 佐知雄, 張 延栄, . 磁性砥粒及びその製造方法. 特開2006-176698. 2006-07-06
  • C09K   3/14     
  • C23C  18/18     
  • C23C  18/32     

PAGE TOP