TOP > 技術シーズ検索 > 細胞刺激装置

細胞刺激装置 新技術説明会

シーズコード S100003034
掲載日 2010年11月5日
研究者
  • 勝木 淳
  • 秋山 秀典
技術名称 細胞刺激装置 新技術説明会
技術概要 この細胞刺激装置は、細胞内構成要素のうち任意に選択した要素に含まれる誘電性物質の緩和時間の逆数と等しい値の周波数を基本周波数とするバースト高周波電界を発生する電界発生手段を備える。「細胞内構成要素」とは、例えば、核、核小体、微小管、リボソーム、小胞体、ゴルジ体、リソソーム、中心体、分泌顆粒およびミトコンドリアであり、「細胞内構成要素に含まれる誘電性物質」とは、例えば、DNAおよびRNAなどのタンパク質である。この細胞刺激装置では、バースト高周波電界が電界発生手段から発生し、細胞内構成要素に印加される。これにより、基本周波数の逆数と等しい値の緩和時間の誘電性物質を含む細胞内構成要素がバースト高周波電界から選択的に刺激を受ける。また、バースト高周波電界は、サイクル数を増やすことで印加時間を増加可能であり、基本周波数と印加時間とを独立に制御できる。これにより、細胞内構成要素の受ける刺激の大きさを任意に設定できるので、目的および用途に応じた刺激を細胞内構成要素に与えることができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2005-170063.gif
研究分野
  • 電磁機器
  • 遺伝学研究法
展開可能なシーズ 目的および用途に応じた刺激を任意の細胞内構成要素に選択的に印加することの可能な細胞刺激装置を提供する。
この細胞刺激装置によれば、細胞内構成要素のうち任意に選択した要素に含まれる誘電性物質の緩和時間の逆数と等しい値の周波数を基本周波数とするバースト高周波電界を発生するようにしたので、任意の細胞内構成要素を選択的に刺激することができる。また、目的および用途に応じた刺激を細胞内構成要素に与えることもできる。これにより、目的および用途に応じた刺激を任意の細胞内構成要素に選択的に与えることが可能になる。
用途利用分野 エレクトロポレーション、遺伝子導入
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人 熊本大学, . 勝木 淳, 秋山 秀典, . 細胞刺激装置. 特開2006-340669. 2006-12-21
  • C12M   1/42     

PAGE TOP